『WIRED』日本版が主催する「CREATIVE HACK AWARD」が今年も開催。そのテーマである「既成概念をハックする」アイデアを生み出すために、必要なこととは。審査員を務めるライゾマティクス・齋藤精一と、AKQAのクラウディア・クリストヴァンが、それぞれの思考の秘訣を語った。

「「考える」と「つくる」が融け合ったときにアイデアは生まれる:第2回「CREATIVE HACK AWARD オープンセミナー」レポート」の写真・リンク付きの記事はこちら
CREATIVE HACK AWARD2015、応募受付中!

都市、身体、科学、テクノロジー、文化…。この世のすべてが、いまやハックの対象だ。グラフィック、動画、3D、企画書。アウトプットの手法も、自在にハックせよ! 新しい世界をつくる新しい発想(クリエイティヴ)を、ぜひエントリーください。締め切りは2015年9月30日(水)。こちらから受け付けています。審査員からのメッセージを直接聴ける「オープンセミナー」も毎月開催中!(次回は7月28日。齋藤精一〈ライゾマティクス〉と水口哲也〈慶應義塾大学KMD特任教授〉が登壇します。詳細はCREATIVE HACK AWARDのFacebookTwitterで近日発表予定)
http://hack.wired.jp/

『WIRED』日本版が2013年に立ち上げた、次世代クリエイターのためのアワード「CREATIVE HACK AWARD」が今年も開催する。

「既成概念をハックせよ」。同アワードのテーマをより理解するためのオープンセミナーの第2回目のゲストは、クリエイティヴ集団ライゾマティクスのテクニカル・ディレクター齋藤精一と、AKQAでクリエイティヴ・ディレクターを務めるクラウディア・クリストヴァン。ハックとは何か、そしてそのために求められるマインドを、ふたりが語った。

関連記事第1回「CREATIVE HACK AWARD 2015オープンセミナー」レポート

まずは齋藤が、CREATIVE HACK AWARDの意義を、MITメディアラボを引き合いに出しながらこう語る。

「MITメディア・ラボ所長の伊藤穰一さんは、ラボの理念として〈anti-discipline〉という言葉を使っています。半分野主義、つまり何かと何かを一緒に学ぶということですが、『専門分野でないことを肯定しよう』という考え方で、ぼくはこれが非常に大事だと思っています。

例えば『細胞を3Dプリントしたい』と思ったときに、電子工学と生物学をそれぞれ大学院まで行って6年間ずつ学んだら12年もかかってしまう。MITではそのようなどこに行ったらいいかわからないけれどピカイチのアイデアがある人、『これをつくりたい』という想いのある人たちを受け入れ、学ぶ場所をつくっているのです。

CREATIVE HACK AWARDの考えもそれに近いと思っていて、募集ジャンルはグラフィックやムーヴィーと分かれているものの、それにとらわれないアイデアをもっている方に応募してもらえるといいんじゃないかと思います」

ライゾマティクスで、30〜40のプロジェクトを同時に手がけているという齋藤。彼が何かをハックするためのアイデアを考える方法は、樹形図を描くことだという。あるキーワードからイメージされる言葉をつないでいく、シンプルな方法だ。「いままで交わっていなかった2つの言葉が一緒に並ぶと、それがハックのアイデアになるんです」

例えばこれまでのライゾマティクスの作品を見ても、全面LEDでできたバスケットボールコートは「バスケットボール」と「光る」という言葉の組み合わせから、靴で音楽を演奏する「NIKE MUSIC SHOE」は「靴」と「楽器」の組み合わせから生まれているそうだ。

関連記事ライゾマ齋藤「クリエイティヴはいきなり生まれない」

「結局いまの世の中でまったく新しい技術が生まれるということはほとんどなくて、遅かったものが速くなったり、大きかったものが小さくなったりしているだけなんです。ぼくが樹形図でトレーニングしているのは、すでにあるものをくっつけてどう新しいものをつくるかということ。まだくっついていないものをくっつけることで、新しいアイデアや新しい志向性が生まれていくと思っています」


齋藤精一|SEIICHI SAITO
1975年神奈川県生まれ。ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター。
建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。その後、ArnellGroupにてクリエイティヴとして活動し、03年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。アート制作活動と同時にフリーランスのクリエイティヴとして活動後、06年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考をもとに、アートやコマーシャルの領域で立体作品やインタラクティヴ作品を制作する。09年〜13年に、国内外の広告賞にて多数受賞。現在、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師も務める。

TAG

AKQACreativeCreative Hack AwardIdeaRhyzomatiks

クラウディア・クリストヴァン|CLAUDIA CRISTOVAO
AKQA Tokyo グループクリエイティヴディレクター
ポルトガル生まれ。ワイデン+ケネディ、SID LEE 、レオ・バーネット東京などを経て2014年7月より現職。ナイキやグーグル、ホンダをはじめとした国内外のクライアントに対し、コピーライターやブランド開発の専門家として、広告からデジタルメディアにわたるさまざまなクリエイティヴ領域のプロジェクトに従事。彼女の作品は、サンパウロ・ビエンナーレ、MOCA(LA)、de Appel(アムステルダム)など、名高い美術館やアートイヴェントにて展示されている。

クラウディアは、「ハック」とはメンタリティのことだと言う。

「わたしが考えるハックというのはテクノロジーでもプラットフォームでもメディアでもなく、思考の方法です。AKQAが大事にしているスローガンに〈Avoiding the beaten path〉〈Seeking terrain unexplored〉というものがありますが、つまり『誰かがいままで通った道を通るのではなく自分なりの新しい場所を探そう』というメンタリティこそが、空想から生まれる小さなアイデアを大きな野心的な作品に変えていくのです」

彼女がアイデアを考えるときに重視するのは、ストーリーテリングだ。「わたしは非常に戦略的な考え方をするクリエイターで、こうすることでこういった結果が得られる、といったストーリーを系統立てて考えるようにしています」とクラウディアは言う。「といっても本当に子どものようにバカバカしい自由な発想も大切で、その両方によってわたしというクリエイターができています」

それに対して齋藤も、いまの時代におけるストーリーテリングの重要性を、別の視点からこう話した。

「いまものをつくっている人の多くはプログラミングや『Photoshop』といった、手法やツールにとらわれがちです。しかし、ハックという概念のもとでは、それは手段であって最終目的ではないんです。いまの人たちに欠けているものは、手法よりも先にもつべき『何をしたいか』という目的であり、『何を叶えたいか』というクレイジーで幼稚な考えが必要なのだと思います」

「考える」ことと「つくる」こと

最後にふたりは、「〈思想家〉がクリエイティヴな仕事をすることができるか」という会場からの質問に対し、アイデアを生むためには「考える」ことと「つくる」ことの両方が大事だと語った。

「いまは思想家が考えているだけではダメな時代で、一人一役以上のスキルや行動力をもっていないとどの分野に行っても通用しないと思うんです。思想家であり行動ができる人。そのふたつをもっていないと、時代やビジネス、クリエイティヴを変えられないとぼくは思います」(齋藤)

「学生時代からよく先生たちに、『考えてばっかりいないでとにかくやりなさい』と言われてきました。考えることとつくることの距離は、やればやるほどどんどん狭まって、境界があいまいになってくると思うんですね。その境界が融け合って、頭と手のセオリーが混じったときにおもしろいアイデアが生まれてくるのだと経験上感じています。どんなに才能がある人でも行き詰まることはあるでしょう。そうなったときにじーっとコンピューターの前に座っていても何も生まれないので、とにかく行動に移してみるのがいいと思います」(クラウディア)

CREATIVE HACK AWARD2015、応募受付中!

都市、身体、科学、テクノロジー、文化…。この世のすべてが、いまやハックの対象だ。グラフィック、動画、3D、企画書。アウトプットの手法も、自在にハックせよ! 新しい世界をつくる新しい発想(クリエイティヴ)を、ぜひエントリーください。締め切りは2015年9月30日(水)。こちらから受け付けています。審査員からのメッセージを直接聴ける「オープンセミナー」も毎月開催中!(次回は7月28日。齋藤精一〈ライゾマティクス〉と水口哲也〈慶應義塾大学KMD特任教授〉が登壇します。詳細はCREATIVE HACK AWARDのFacebookTwitterで近日発表予定)
http://hack.wired.jp/

[7月12日9:45 本文の一部を訂正しました。]

TAG

AKQACreativeCreative Hack AwardIdeaRhyzomatiks