昨年9月にカリブ海とアメリカ南海岸を襲ったハリケーン「アイヴァン」と、同12月に発生したスマトラ沖地震の被災者救援の義援金を募るチャリティーコンサート「レゲエ・ユナイト」が、19日にスタジオコースト(東京・新木場)で開かれる。コンサートの収益金は復旧活動支援を目的とする、ジャマイカ・ハリケーン・アイヴァン救済基金と国連ジュネーブ総合基金に、それぞれ寄付される。


チャリティーコンサートに参加するジュニア・リードさん親子(撮影:佐谷恭)
画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大します
 在日ジャマイカ人協会などの呼びかけで、マカ・ラフィンさんら多数の在日ジャマイカ人と日本人のレゲエ・ミュージシャンが無償で参加する。また、ジャマイカから来日した、レゲエ界の天才シンガーと言われるジュニア・リードさんが2人の息子と歌声を披露する予定。

 コンサートを主催するジャマイカ大使館のポール・ロボサム大使は、「平和と愛と協調というメッセージを持つレゲエは、義援金を集めるのに最適。コンサートが人種やバックグラウンドを超えて思いやりを示すいい機会になってくれれば」と話した。ジャマイカでは同国首相宅でチャリティー・レゲエ・コンサートが行われ、南米ガイアナ洪水の被災者支援基金を集めたこともあるという。

 カリブ海とアメリカ南海岸で100名以上の死者を出したハリケーン「アイヴァン」では、ジャマイカでも17名が死亡し、人口の14%にあたる約36万人が被害を受けた。

 問い合わせはスタジオコースト(電話:03-5534-2525)まで。入場料金は6000円(前売り5500円)。【了】