ダイエットシーズンに突入しましたが、毎日忙しくて運動時間がとれないと感じている方が多いようです。しかし本当に時間がないのでしょうか? 本当は時間を言い訳にして運動したくないだけかもしれませんよ。そこで今回は忙しい毎日でも運動量を増やせる3つのコツをご紹介いたします。

エスカレーターではなく階段をつかう

基本中の基本ですが生活のなかで階段をフル活用していますか?例えば毎日使う駅で、階段とエスカレーターのどちらを使っていますか?面倒臭いのか、当たり前のようにエスカレーターに乗ってしまう方が多いはずですが、それがあなたの下半身を弱らせ太らせます。生活のなかで階段を意識的に使うだけでも、運動量は平均して3倍になるともいわれます。毎日たった2分、階段の昇降に時間を費やすだけでも、約0.5kgの体重増加を防ぐことができるのです。「運動する時間がない」と嘆いているなら、エスカレーターの使用禁止を自分に誓ってみては?

最寄り駅の1つ手前で降りてウォーキング

どうしても時間がないなら、帰宅する際に最寄駅の1つ手前で降りて、自宅まで歩いて帰りましょう。まとまった時間はとれなくても、こういったスキマ時間で運動することはできますよね。余裕があるときは、通勤時にも1つ先の駅まで歩けば、日頃の運動不足も解消されます。「時間がない」は言い訳にはならないことを覚えておきましょうね。

オフィスでも運動できちゃう

仕事中トイレに行くときは、あえて近いところではなく離れた場所にあるトイレを利用しましょう。それだけでも立派な「ウォーキング」になりますよね。休憩時間も、座ったままぼ〜っとするのではなく、社内をお散歩するだけでも運動量を増やすことができます。ランチタイムも食べるだけでなく、散歩したりストレッチする時間に当ててみて。

「時間がない」「お金がない」「仕事で忙しい」は、運動しない理由にはなりません。どんなに忙しくしている人でも、健康に対して意識が高い人は、きちんと一定の運動量を保てるように努力しています。スキマ時間を無駄にするのは、非効率。気分転換したいときこそ運動してみてくださいね。


writer:山口 恵理香