金縛りに関する「9つの事実」。誰にでも起こる可能性アリ

写真拡大

頻繁に経験する人もいれば、全くそんな経験はないという人も。科学が発達した現代ですら、なぞが多い金縛り。
ここでは、「Higher Pespective」に掲載されている金縛りに関する9つの事実という記事を紹介します。

th_shutterstock_145964918

01.
動けない
まるで死んだかのよう

金縛りは、意識は冷めていてもカラダが動かない状態。なので、殻に閉じ込められ身動きが取れないように感じます。まるで、自分が死んでいるかのような気持ちになるとか。

02.
浅い眠りの時にほど
かかりやすい

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。睡眠中その2つの状態が繰り返し訪れるのですが、金縛りが起こるのはレム睡眠時。ノンレム睡眠からの移行時に、起こりやすいといいます。

03.
目を開いたまま
恐ろしい幻覚を見ることも

金縛りにあった人は、その間に悪夢を見たと報告するケースも多いとか。意識もあり目も開いた状態で、現実だと思ってしまうような恐ろしい幻覚を見ることもあるとか。

04.
できることは
たったひとつ…

できることといえば、動くようになるまで待つのみ。

05.
誰にでも
起こる可能性がある

金縛りは、誰にでも起こる可能性があります。ほとんどの人が、人生の中で最低1度は経験するらしい。金縛りが起こったことに気づかない人もいます。

06.
寝つきの悪い人は
なりやすい!?

いくつかの研究から、よく眠ることができない人は金縛りにあう可能性が高いと報告されています。

07.
大昔から
研究されている

th_shutterstock_244659739

10世紀のペルシャ医療文献から、すでに金縛りについての記載があったそう。古くから悪魔やエイリアンの仕業、または睡眠中の麻痺など、金縛りが起こる様々な原因が考えられています。いまだ正確な理由は不明。

08.
胸が重く感じる人も

人によっては、何かが胸に乗っているように感じることも。胸の重みと幻覚によって、さらに金縛りを恐ろしい経験のように認識します。胸に霊や魔女が座っていたと報告する人も多いのはそのため。

09.
結局はただの現象
死ぬことはない

金縛りという現象で、死ぬことはないのでご安心を。

Licensed material used with permission by Higher Pespective