ピクサー新作が大作2作を撃破、公開3週目で全米ランキングで1位に。

写真拡大

ピクサー・スタジオが自己記録を塗り替え、続編を除くピクサー・アニメーション映画で歴代1位の全米興行収入をたたき出した映画「インサイド・ヘッド」。公開3週目には、強力なライバル「ターミネーター:新起動/ジェニシス」「ジュラシック・ワールド」を破り、全米ランキング1位を獲得した。

ピクサー初の女性コンビとなるヨロコビとカナシミが、無限に広がる頭の中を舞台に冒険を繰り広げる、感動ファンタジーの本作。かつて、子ども時代を経験したすべての大人が共感できる“あなたの物語”だ。

ピクサー長編アニメーション20周年記念作である本作は、6月19日(金)に全米3,946館で公開され、公開3日間の興行収入が9044万271ドルという爆発的な大ヒットスタートを記録。公開から3週が経った現在も、英語圏の映画レビューをまとめる映画サイト「ロッテントマト」では98%という超高得点を維持するなど、興行収入だけでなく、作品としても高い評価と強い口コミが拡がっている。

ピート・ドクター監督は、「モンスターズ・インク」の後、「カールじいさんの空飛ぶ家」でアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞。その直後より本作の製作をスタートし、約5年間を費やして渾身の一作「インサイド・ヘッド」を生み出した。実の娘の成長過程に感じた愛娘の内面の変化を捉え、家族の深い絆とともに映画に愛情を注ぎ込んだ。

多方面からの絶賛評から本年度の下半期から本格化するアカデミー賞に向けた賞レースでも次回のアカデミー賞の本命馬となるのではと、早くも噂されており、ますます今後の動向から目が離せなそうだ。

映画「インサイド・ヘッド」の日本公開は7月18日(土)から。