Doctors Me(ドクターズミー)- 赤ちゃんのお風呂!正しい入れ方&洗い方が知りたい!

写真拡大

生後まもない赤ちゃんの身体は小さくて柔らかいので、お風呂に入れるのは怖いと思う新米ママも多いのではないでょうか。慣れないうちは神経を使う作業ですが、赤ちゃんは新陳代謝が激しく、皮脂などもたまりやすく、湿疹もできやすいので、お風呂は毎日入れてきれいにしてあげたいですよね。

今回は赤ちゃんのお風呂の入れ方と洗い方のコツについて医師に解説していただまきす。

【準備編】赤ちゃんは専用のベビーバスで!

・浴槽はNG
生まれて1か月までの新生児の赤ちゃんは、ベビーバスで別に入れてあげることがおすすめされます。雑菌などの感染を防ぎ、温度などの調節がしやすく、身体が支えやすいので洗いやすいなどが利点です。大き目のおけや、ビニールプールで代用したり、洗面台をキレイにして使用する場合もあるようです。

・入浴のタイミング
沐浴は、授乳の直後だと吐いてしまうことがあるので、授乳の前や授乳と授乳の間の時間帯にするようにしましょう。

・温度
お風呂の温度は夏は38度程度、冬場は40度位が目安です。

・着替などを準備しておく
冬など身体が冷えないよう、着替えやお風呂で使うものの準備などを行ってから脱がしてあげましょう。

【実践編】

・身体にはガーゼをかける
お湯に入れる時は、首を片手でしっかり支え、身体にはガーゼやタオルなどをかけてあげると赤ちゃんは落ち着きます。

・石鹸、ガーゼは肌に優しいものを
お湯に入ってから、石けんや赤ちゃん用のボディーソープなどで身体を洗っていきます。
ポイントは、固形の場合はしっかりと泡立て、皮膚に優しい泡で洗っていくことです。手で洗ってあげてもいいですし、ガーゼなどを使って洗ってあげてもいいです。刺激の強そうな素材のものは、肌を傷つける可能性があるので避けましょう。優しく円を描くように洗っていきます。

・とくに汚れやすい場所は?
赤ちゃんは首の後ろや首の下、腕や太ももなど皮膚と皮膚が重なっている場所があり、そこには汚れがたまりやすくなります。しっかり隠れた皮膚の部分も洗ってあげるようにしましょう。

・顔も石鹸で洗うこと!
顔を石けんを使うのが怖いと思われる方もいるかもしれませんが、乳児脂漏性湿疹ができやすい部位なので、目を避けて石けんでしっかり洗いましょう。

・頭にできた皮脂の塊は?
時に、頭などにかさぶたのような黄色い皮脂の塊ができてしまうことがあります。この場合も、しっかりふやかして洗っていきましょう。ふやかすのが難しい場合は、ベビーオイルなどで硬さを取り除くのもおすすめです。

医師からのアドバイス

一ヶ月健診を過ぎた頃から大人と同じお風呂に一緒に入るようにします。とはいっても一ヶ月になったらすぐ入るようにしなければいけないという訳ではありません。

初めに軽く温まり、湯船の外に出して上記のように、石けんの泡で身体を洗っていき、シャワーや掛け湯で石鹸分を洗い流してまた温まります。
気をつけて頂きたいのが、大人が身体を洗う間など、赤ちゃん用の首の浮き輪などを使われて湯船に赤ちゃんをつけておくことです。ちょっと目を離したすきに溺水する事故が何度も報告されています。

ご兄弟と一緒だったりするとなかなか難しいかもしれませんが、決して赤ちゃんからは目を離さないようにしましょうね。