今季の女子メジャー第3弾となる全米女子オープン(現地時間7月9日〜12日)がまもなく開幕する。

 舞台となるのは、1920年に開場したランカスターCC。ペンシルベニア州フィラデルフィアから西へ、車で1時間あまりのランカスターという町にある。牧草地帯が広がる美しい町で、一瞬「英国か!?」と勘違いしそうなほど、叙情的なムードが漂うところだ。

 男女合わせてメジャー大会が開催されるのは、実は今回が初めて。非常に歴史のあるコースだけに、アメリカ国内でも驚きをもって紹介されている。コースを設計したのは、ウィリアム・フリン氏。当時は、ドナルド・ロス、T・W・ティリングハーストとともに、コースデザインの"三大巨匠"と呼ばれていた。

 大きな木々が張り出す林間コースは、フェアウェーは比較的広いものの、メジャー大会だけあって、ラフは4インチ(約10cm)という長さで厳しい設定となっている。大きなグリーンは、傾斜がきつく、手前に受けているホールが多い。セカンド、あるいはサードショットの距離が足りないと、大きく手前に転がり落ちてしまうだろう。

 そして、選手たちを最も苦しめることになりそうなのは、全長6483ヤード(パー70)という距離設定。練習ラウンドを終えた多くの選手が、「数字よりもずっと(距離が)長い」と、すでに悲鳴を上げている。

 選手たちが「実際の数字よりも長く感じる」という理由のひとつは、ティーショットの落としどころがアップスロープになっていること。つまり、上り坂になっていて、ボールの転がりが制限されてしまうホールが多いからだ。そして、もうひとつの要因として、ここ数日雨が続いていたこともあり、フェアウェーが軟らかくなっていて、ボールのランが出ないことも挙げられる。さらに、パー70ということで、ひとホールごとの距離はそれなりにある。とすれば、セカンドやサードショットでも、長いクラブの使用を強いられ、選手たちが嘆くのも当然と言える。

 今回、その難コースに挑む日本勢は、直前の世界ランキング(50位以内)の結果で滑り込んだ大山志保(38歳/世界ランク43位)をはじめ、総勢13名(現在中国籍の森田遥を含む)。なかでも、優勝争いが期待されるのは、ここに来て調子を上げている宮里美香(25歳)と、昨年の全米女子オープンで7位と奮闘した横峯さくら(29歳)だ。

 宮里は、2週前のアーカンソー選手権(6月26日〜28日/アーカンソー州)で優勝争いを演じたばかり。トップのチェ・ナヨン(27歳/韓国)には及ばなかったものの、米女子ツアーの"猛者"たちとの戦いを制して2位でフィニッシュした。特にその際、「(世界ランク3位の)ステイシー(・ルイス。30歳/アメリカ)と一緒の組で戦って、そこで得た自信がすごく大きい(ルイスは3位タイ)」と、現在の充実ぶりを語る。

 また、もともと宮里はアイアンの精度が高いショットメーカーだが、今年は平均パット数が28.81とツアー3位(7月8日現在。以下同)。それが、好結果につながっていて、今大会でも「コースの距離は確かに長いけれども、だからこそ、(グリーンを外したときの)ショートゲームが勝負のカギを握る」と、再び上位争いに加わっていこうという前向きな姿勢を見せる。

 そして何より、「今年は特別な思いがある」と宮里は言う。

「今大会の出場は、(これまでと違って)予選会に出場して、そこで勝ち取った資格。それだけに、『がんばらないと』という気持ちが一層強い」

 一方、今季から米ツアーを主戦場としている横峯も、「調子については、ここ最近では一番いいと感じている」と、明るい表情を見せて上位進出を目論む。練習ラウンドも十分にこなして、難コース攻略にもそれなりの手応えを得ているようだ。

「距離があるので、ショットはキャリーが必要になってくる。でもその分、グリーンは(ボールが)止まってくれるので、果敢に攻めていける」

 昨年7位で、今年のメジャー第2弾、全米女子プロ選手権(6月11日〜14日/ニューヨーク州)でも13位と、大舞台で強さを見せる横峯。メディアには、いつもどおりのおっとりとした対応だったが、内に秘める闘志は相当なものだという。昨年以上の結果を残してもおかしくない。

「見ている人には、あまり変わらないように見えるかもしれませんが、(メジャー大会を前にして)私の中のテンションはしっかり上がっています(笑)」(横峯)

 米ツアー組に限らず、日本ツアーからの参戦組にも期待はかかる。注目したいのは、今季好調の菊地絵理香(26歳)と成田美寿々(22歳)、そして昨季、ツアー本格参戦1年目で国内メジャー(日本女子プロ)を制した鈴木愛(21歳)だ。

 全米女子オープン初出場となる菊地と鈴木は、ともに予選突破を目標に掲げる。

「(全米女子オープンは)プロになる前からの憧れの舞台。まだメジャーという緊張感はないけれども、試合が始まる直前には出てくると思います。コースは、本当に長くて難しい。(結果を出すには)ティーショット次第ですね。何にしても、そうそう経験できないことなので、がんばりたい」(菊地)

「まさか、こんなに早く全米女子オープンに出られるとは思っていなかった。とにかく、気持ちが空回りしないようにしたい。(コースについては)日本と芝が違うので、特にグリーン周りの状況判断が難しそうですが、予選は突破したい」(鈴木)

 昨年(55位タイ)に続いて2度目の出場となる成田は、「優勝争いがしたい。その結果、(10位タイまでが獲得できる)来年の出場権が取れれば」と上位進出に意欲を見せる。

 ロングヒッターとして知られる成田にとって、コースの長さは問題ない。そのうえで、今年はグリーン上での勝負にも自信を見せる。日本ツアーでの平均パット数が、堂々の1位だからだ。

「去年までの(日本でのツアー)優勝は、ショットで獲ったもの。でも今年は、ドライバーが曲がっても、パーセーブができるようになった。今季はパッティングが向上して、ふたつ優勝できた。そのパッティングが、どこまで通用するのか、すごく楽しみ」(成田)

 先週は、カナダを舞台にしてサッカーのなでしこジャパンが躍動。日本中に感動を与えた。今週も、アメリカを舞台にして戦う、13名の"なでしこ"たちの奮闘に注目だ。

武川玲子●文 text by Takekawa Reiko