悪夢をつくるグーグルAI:名作映画を「悪夢の映像」に

写真拡大

特定の特徴を識別して増幅することで「悪夢」をつくりだすグーグルのAI「Deep Dream」が、『2001年宇宙の旅』や『ラスベガスをやっつけろ』など、映画の有名シーンを「悪夢の映像」に変えた。

「悪夢をつくるグーグルAI:名作映画を「悪夢の映像」に」の写真・リンク付きの記事はこちら

画像のなかの一定の特徴を識別し、それを増幅することで悪夢をつくり出すグーグルの人工ニューラルネットワーク「Deep Dream」が、今度は動画に進出した。

関連記事グーグルAIがつくる「悪夢画像」を、自分でつくれるサイト

まずは、1998年の映画『ラスベガスをやっつけろ』の1シーンを、薬物による幻覚を見ているときのような「悪夢の映像」に変えている。

この実験に使用されたのは、サンフランシスコに実在したナイトクラブ「The Matrix」で撮影された、LSDによって人々が幻覚状態になるシーン。Deep Dreamによって動物の顔が識別・増幅されるよう設定されており、暗闇のなかで動物の顔がきわだったり薄れたりする。

2001年宇宙の旅』の1シーンも、Deep Dreamで加工された。こちらは、動画に幽霊のような動物や目を加えるのではなく、輪郭や形状のデフォルメに力が入れられている。

Deep Dreamを通じて動画を加工できるコードは「GitHub」に公開されており、誰でも試すことが可能だ(以下の動画)。

こうした画像と動画は、Deep Dreamのコード内にある特定のパラメーターを変更することで作成される。ニューラルネットワークの層ごとに、画像や動画、音楽クリップの異なる特徴が処理されており、下位層は基本的な輪郭や向きを扱い、上位層がもっと複雑な特徴を探すのだ。

設定が済むと、Deep Dreamがフィードバック・ループを作成し、特定の特徴が誇張された、悪夢のような異様な情景をつくり出す。『ラスベガスをやっつけろ』の1場面では動物や人物を、『2001年宇宙の旅』では輪郭を探すよう指示しているが、基本的には、さまざまな形状を動物と解釈するよう設定されている。そのためDeep Dreamは動物に似た特徴を探し出し、それらを犬や鳥の群れに変えているのである。

TAG

AIGoogleDeepDreamNeural NetworksVideoWIRED UK