写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TVアニメ、ゲーム、玩具などクロスメディアで展開し、現在小学生を中心に爆発的な人気を誇っている『妖怪ウォッチ』の最新作となるニンテンドー3DS向けゲームソフト『妖怪ウォッチ3』が、2016年夏に発売されることが明らかになった。

『妖怪ウォッチ』は、『イナズマイレブン』や『レイトン教授』、『ダンボール戦機』を手がけたレベルファイブによるゲームソフト。妖怪たちと友だちになれる腕時計「妖怪ウォッチ」を手に入れた主人公・天野ケータが、日常に潜む妖怪たちとともにさまざまな問題を解決していく。

その最新作となる本作では、7月10日放送分からTVアニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系 毎週金曜18:30〜)に登場する新主人公・未空イナホ(CV:悠木碧)や、新たな妖怪・USAピョン(CV:重本ことり)の活躍はもちろん、ケータ編ではジバニャンやウィスパーといったおなじみの妖怪たちが日本を飛び出し、海外の「USA」にある町「セントピーナッツバーグ」を舞台に妖怪不祥事案件を解決していく物語になっているという。

4月に開催された「LEVEL5 VISION 2015 -THE BEGINING-」では、レベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野晃博氏から、本作は発売後にも数回にわたって無料の大型アップデートが行われる更新型ゲームであること、そして大人気のアイテム・妖怪ウォッチにも新たなウォッチ「妖怪ウォッチU プロトタイプ」と新たなメダル「メリケンメダル」が登場することが明らかにされていた。さらに制作サイドは、「発売をお待ちいただいているユーザーの皆さまに楽しんでいただける作品になるよう、さまざまな仕掛けを準備しております」とコメントを寄せている。

12月19日からは、劇場版アニメ第2弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の公開を控える本シリーズ。前作『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン! 』(2014年)では、劇場前売り券が東宝史上最高の114万枚、観客動員数696万8,000人、興行収入77億3,000万円(2015年5月末)を記録しただけに、今回もさらなる大ヒットが期待されている。

(C)LEVEL-5 Inc.