安倍首相、フツーの視聴者への説明は?(YouTube「自民党公式チャンネル」より)

写真拡大

 またしても大爆死──。昨日お伝えした、安倍晋三首相による「ニコニコ生放送」の来場者数問題だが、昨晩の放送ではさらに数を減らした。

 この放送は、「安倍さんがわかりやすくお答えします! 平和安全法制のナゼ? ナニ? ドウシテ?」と題し、安保法制について「国民に理解を求めるため」に行われているもの。昨晩の第3夜のテーマは「自衛隊員は危険にさらされる?」というものだったが、国会と同様、「自衛隊はすでに1800人の殉職者を出している」と発言。いや、それは任務中の事故などで命を落とした数で、戦闘に巻きこまれて亡くなった人は1人もいないから、と総ツッコミを受けたのもなかったことになっているらしい。

 一方的な言い分ばかりを垂れ流すこの放送で国民に説明をできていると考える神経にはほとほと呆れるが、問題は来場者数。第一夜目の7月6日はたったの10649人で、2夜目も12233人と少なかったが、昨晩はさらに数を減らし、10606人だった。ちなみに、放送終了時の人数は9741人。実質、放送を観た人は1万人すら切っている。

 じつは2夜までの低来場者数に焦った自民党本部が、昨晩の放送から動員をかけているとの情報があった。しかし、蓋を開けてみればこの人数。だが、おかしなことに、寄せられるコメントは前2夜と比べても圧倒的な安倍支持の声ばかりで、「安倍さん愛してる、いつも信じてるよ」「涙が出た」「安倍さんお慕いしています♥♥」「自民党万歳!」「憲法が間違っています」などなどといった気持ちの悪い絶賛コメントで覆い尽くされていた。

 さらに、放送終了後に行われるアンケート結果も、最高ランクの「とても良かった」が昨晩は70.6%。1夜目は58.9%、2夜目が66.3%だったが、こちらも評価するパーセンテージが高まっているのだ。

 視聴者数は減っているのに、絶賛コメントと評価する割合は高まっていく......。結局、生放送を観ているのは、動員されたネトサポと安倍信者が大半で、フツーの視聴者は誰も見向きもしなくなっているのだろう。

 というか、この番組はもはや、国民に向けた説明などではなく、安倍首相が自己慰撫のためにやっている"オナホ"と化しているといってもいいかもしれない。

 ちなみに今晩の放送は休みで、第4回は明日。当初は全回視聴しようと思っていたが、このスカスカな中身と気持ちの悪い絶賛コメントを見ていると、正直、視聴を続ける自信がなくなってきた。
(編集部)