「NO MORE 自撮り」キャンペーン、ロシアで始まる

写真拡大

自撮り撮影中に橋から転落したり、拳銃で自傷する事故が各地で発生している。こうした危険な「自撮り事故」を抑制するためのキャンペーンがロシアで始まった。

「「NO MORE 自撮り」キャンペーン、ロシアで始まる」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロシア内務省は7月7日(現地時間)、危険な自撮り写真の撮影による死傷者数を減らすための新しい公衆衛生プログラムを発表した

今回のキャンペーンには、自撮り中に起こりうる危険なシナリオを描写したイラストが添えられた警告標識も登場している。

例えば、上の画像にあるような、迫って来る車や列車の前でポーズを取る、運転・乗車中に車から身を乗り出す、揺れ動くボートを操縦中に撮影する、檻に入っていないトラのすぐ近くに立つ、ピストルを持ってポーズを取る、崖や階段など足場の悪い場所で撮影するなどといった行為だ。

残念ながら、これらのイラストのなかには、実際にロシアで起きた「自撮り事故」もある。2014年には、17歳の少女が自撮り中に橋から転落して死亡。今年5月には、21歳の女性が自撮り中に誤って拳銃を誤射し、壁で跳ね返った銃弾が頭部に当たって重体となった

関連記事世界のディズニーで、自撮り棒「持ち込み禁止」に

今回のキャンペーンに関してAP通信の記事は、危険な自撮りの増加によって「これまでに少なくとも10人のロシア人が死亡し、100人がケガを負っている」と報道している。ただし、その統計の出所は明らかにされておらず、今回の「セーフティー・セルフィー(安全な自撮りを)」キャンペーンにもその数字は盛り込まれていない。

自撮りの危険を警告する、思わず笑ってしまうようなイラストのアイデアをほかにも思いついた人は、ウェブフォームを使って提出することができる。

TAG

Arstechnica USRussiaSelfie