『スター・ウォーズ』スピンオフ作品が発表:ハン・ソロの生い立ちを描く

写真拡大

全部で3作品が制作される『スター・ウォーズ』スピンオフ映画。そのうちのひとつは、ハン・ソロの生い立ちに焦点を当てた作品になると発表された。脚本家は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』を手がけたローレンス・カスダンだ。

「『スター・ウォーズ』スピンオフ作品が発表:ハン・ソロの生い立ちを描く」の写真・リンク付きの記事はこちら

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、『スター・ウォーズ』シリーズの次回スピンオフ作品として、ハン・ソロの生い立ちに焦点を当てた作品を制作すると発表した。

関連記事興奮の88秒。スターウォーズ最新予告編、ついに登場!

このニュースをエキサイティングなものにしているのは、担当する脚本家と監督だ。

まずは、ローレンス・カスダンと彼の息子が、すでに脚本を書き上げているという。シリーズの熱狂的ファンの方はご存知かもしれないが、カスダンの手腕は『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』が大成功を収めた理由のひとつとして広く知られている。

一方、監督を務めるのはクリストファー・ミラーとフィル・ロードだ。このコンビは、2014年のアニメ映画『LEGO ムービー』のほか、『くもりときどきミートボール』『21ジャンプストリート』などの作品をヒットに導いた立役者だ。

2018年5月の公開が予定されているハン・ソロのスピンオフは、宇宙人たちが集まる酒場「モス・アイズリー・カンティーナ」で、オビ=ワン・ケノービおよびルークと運命の出会いを果たす以前のソロが、密売人や盗人、汚れた身なりの牧畜業者「ナーフ・ハーダー」として辿った道のりを描くことになるようだ。

ディズニーによると、現在、3本のスピンオフ作品が制作中だという。今年3月には、そのなかの1本のタイトルが『Rogue One』になるというニュースが流れた。こちらは、共和国軍に属するローグ中隊のリーダーで、その後将軍になったウェッジ・アンティリーズの冒険を中心に描く作品だという。

TAG

Arstechnica USMovieStarWars