7月に入り、いよいよ梅雨明けが待ち遠しい季節になった。株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍が、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者を対象に実施したアンケート結果を元に、雨具に関するランキングを公開したところ、最もよく使う雨具の1位は『傘』となったが、『ビニール傘』も4人に1人が普段使いしていることが明らかになった。

 【全体平均】
傘     …57.5%
ビニール傘 …25.6%
折り畳み傘 …14.1%
レインコート …2.8%

雨具に関するランキング

雨具に関するランキング

全体では、傘が約57%でトップとなっており、次いでビニール傘が約25%で2位、以下折り畳み傘、レインコートの順となった。やはり傘を使う方が多いと言う結果になったが、ビニール傘を日常使いしている人も4人に1人以上と、意外に多いことが分かった。

雨具に関するランキング

 男女別に見てみると、どちらもトップは傘となっているが、男性では5割を切っている。それに伴い男性は、ビニール傘の使用率が33%と高くなっている。男性のほうが、使う雨具に対するこだわりが小さいのかもしれない。

ビニール傘を最も使っているのは大阪府

◎都道府県別 傘の利用率TOP3
1位…静岡県(89.7%)
2位…岐阜県(81.8%)
3位…群馬県(81.7%)

◎都道府県別 ビニール傘の利用率 TOP3
1位…大阪府(34.8%)
2位…京都府(33.3%)
3位…千葉県(32.8%)

◎折り畳み傘の利用率 TOP3
1位…神奈川県(25.5%)
2位…埼玉県(19.7%)
3位…宮城県(17.6%)

◎レインコートの利用率 TOP3
1位…京都府(6.7%)
2位…北海道(6.5%)
3位…埼玉県(3.9%)

エリアによって利用率に差

 傘の使用率が最も高いのは静岡県で、約9割を占めた。平均が57%なので、1.5倍以上高いことになる。以下、岐阜、群馬、熊本、広島と言う結果となった。大都市圏以外のエリアが多く、自家用車を移動手段としている割合と関係性が高そうだ。

 ビニール傘は、1位が大阪で約35%となっており、3人に1人以上が、普段からビニール傘を使っている計算になる。次いで京都、千葉、兵庫、沖縄と続いており、西日本、それも関西エリアで多く使われていることが伺える。

 ビニール傘とは、エリアの特性が違うのが折り畳み傘。1位の神奈川県を初め、埼玉、宮城、東京、北海道と、東日本、それも首都圏での使用率が高いと言う結果に。ビニール傘は西高東低、折り畳み傘は東高西低と言えそうだ。

【調査概要】
・調査エリア:全国
・調査方法 :同サイトをご利用の上、実際に引越をした人を対象にインターネットアンケートを実施
・調査期間 :2015年6月
・サンプル数 :1174件