K・SWISSのテニスシューズ「Classic」

写真拡大

スニーカーで知られる米国のK・SWISS(ケイ・スイス)は伊藤忠商事と、K・SWISSブランドのシューズ分野で、伊藤忠商事が日本市場での独占輸入販売権を取得することで合意した。同社が2015年7月8日に発表した。

ブランド創設50周年を機に

伊藤忠商事は04年にK・SWISSブランドの日本でのシューズを除くファッション分野のマスターライセンス権を取得。カジュアル専門店やスポーツショップなどで、カジュアルウエアや子供服、アイウエアなど、様々なアイテムを展開している。

K・SWISSは16年にブランド創設50周年にあたり、この機をとらえて、伊藤忠では同ブランドのコアアイテムであるシューズの取扱いを始め、ブランド価値の更なる向上に努めることにしたという。今後は高感度セレクトショップや 専門店を中心とした販路を通じてブランディングの再強化を図る計画。

K・SWISSはスイス出身の、アート・ブルナー、アーネスト・ブルナーの「ブルナー兄弟」が1966年に米カリフォルニア州で立ち上げたテニスシューズが発祥のスポーツブランド。兄弟はレザー製のスキーブーツが持つ機能性にヒントを得て、世界で初めてオールレザーの高品質なテニスシューズ「Classic(クラシック)」を発売。競技用テニスシューズとしてトップアスリートから絶大な支持を得て、ブランド飛躍につなげた。

兄妹の母国語であるドイツ語では、カリフォルニアは「Kalifornien」とつづられ、その先頭の文字の「K」と、2人の出身国である「Swiss」を合わせたのがブランド名の起源とされる。