8日放送の「ひるおび!」(TBS系)でデーモン閣下が、新国立競技場建設を巡る日本スポーツ振興センター(JSC)の対応に、毒舌コメントをする一幕があった。

番組では、新国立競技場建設費の2520億円に有識者がゴーサインを出したことを取り上げ、その金額の内訳と追加工事計画を紹介した。

新国立競技場を巡ってはデザインや2520億円の総工費、工期、財源の問題点がある中で、有識者会議の了承により10月から工事の準備が入るのだという。

コメントを求められたデーモン閣下は「みんな、なんとななるんじゃないの?って感じでやってる感をすごく受けるんだけど、みんなギリシア人がやってるのかな?」と、毒舌コメントで笑いを誘った。

番組では、このコーナーの前に、ギリシャ危機について取り上げ、ギリシャ人は「自分たちが1番」、「明日のことはなんとかなる」、「屈しない」という国民性を紹介していたため、デーモン閣下の発言を受けて恵俊彰は「つながってますね番組が」と切り返した。

さらに、JSCの河野一郎理事長が新国立競技場の建設にあたって「我々のミッションはあの形で作ること。やめる、やめないは文科省が決めたことだ」という趣旨の発言があったことに対して、スポーツライターの玉木正之氏は、昨年までJSCが推し進めていたことに触れた後「日本国民の1人として河野一郎さんという人は、この税金についてどう思うのかを考えたら、それこそ河野一郎さんギリシア人て私も思いますよ」と語って笑いを誘った。

恵は玉木氏に「その流れはこの辺でいいんじゃないですか」とツッコミを入れて笑いを誘った。

【関連記事】
デーモン閣下、次世代の党・坂元大輔前衆議院議員を応援する「偽デーモン」に激怒 
デーモン閣下と大槻ケンヂが井上陽水奥田民生 「ありがとう」誕生の裏事情を語る 「我々はダシに使われた」
デーモン閣下、横綱白鵬に「双葉山はそんなことじゃ腹立てなかったんじゃないかな?」と苦言