いよいよW杯開幕!ビーチサッカー日本代表、後藤崇介に色々聞いてみた

写真拡大

7月6日に行われた女子ワールドカップ決勝において、宿敵アメリカに敗れた日本代表。惜しくも準優勝という結果で大会は幕を閉じたが、すぐに次の「ワールドカップ」が始まることをご存知だろうか。

その大会とは、FIFAビーチサッカーワールドカップ。

「ビーチサッカー世界選手権 (Beach Soccer World Championship)」として1995年に始まった大会は、2005年からFIFAの主催となり、第1回大会がブラジルのリオデジャネイロで開催された。当時は毎年行われていたが、第5回の2009年大会以降は隔年開催で定着。8回目を迎える今年のワールドカップは、7月9日(木)からポルトガル北西部のポルトにほど近いエスピーニョで開催される。

ビーチサッカーにおける日本代表はといえば、2005年の第1回ワールドカップから8大会連続で出場。第2回大会から始まったアジア予選(AFCビーチサッカー選手権)で優勝2回、準優勝5回という成績を収めているように、アジア屈指の強豪国である。

ビーチサッカーは1チーム5人でプレー。基本的にはサッカーだが、「12分×3ピリオド」というあまり馴染みのない試合時間で行われるほか、スローインかキックインかを選択できる「ボールインバウンド」やフリーキックの際に壁を作れないなど独自のルールが存在する。また、選手交代の回数に制限がないため引退したプロサッカー選手がプレーすることも珍しくなく、日本でも2009年に前園真聖氏が日本代表へ招集。同年のワールドカップにも出場した。

さて、今大会に臨む日本代表において、得点源の一人が30歳のFW(アラ/ピヴォ)、後藤崇介。

沖縄の大学在学時にビーチサッカーと出会い、一気に日本ビーチサッカー界の頂点へ。一度はサッカーの道へ戻りアルビレックス新潟シンガポールなどでプレーしたものの、2010年に復帰。スイスやイタリアといった海外のクラブでも実績を残してきた「点取り屋」だ。現在は東京レキオスBSに所属している。

これは先月20日に沖縄・宜野湾市トロピカルビーチで行われたアメリカとの親善試合の様子で、3-3で迎えた延長戦、決勝点となる見事なゴールを決めたのが後藤。というか、相手を含めてすべてゴラッソ! これがビーチサッカーである。

せっかくワールドカップが始まるので、サッカー、フットサルとともにFIFAが管轄する競技について理解を深めるべく、彼から大会前に色々話を聞いてみた。

ビーチサッカーを始めた理由や競技としての魅力、サッカーとの違い、さらには育成につながる部分など、サッカー好きにも楽しめる内容となっているので最後まで読んでいただければ幸いである。

― 本日はありがとうございます。さっそくですが、元々サッカーをやられていたということで、ポジションはずっとFWですか?

「そうです」

― 足が速かったとか?

「いや、違います。子どもの頃の指導者に聞くと、どうも当時から“ゴール感覚”があったみたいです。自分ではそういったことをまったく感じていませんでしたが、ビーチサッカーの大会などで得点王を獲ったことで『ゴール感覚があるのかな』と何となく思うようにはなりました。ただ、学生時代は身体能力の高い選手やうまい選手が他にいるのに、なぜ自分が使ってもらえるのだろうと正直不思議でしたね」

― 自慢ではないですが私は“ゴール感覚”をあまり持っていません。やはり点を獲るために何をするか、常に考えている感じなんですか?

「それが、そこまで意識はしていません(笑)。もちろんゴールから逆算して考えているときもあります。ただ、サッカーではまったく同じシチュエーションというのは決してありません。常にゴールを狙う姿勢は持っていますが、緊張状態というよりはリラックスした状態を保っている感じです」

― 2005年に沖縄国際大学へ進み、そこでビーチサッカーを始められました。プレーしてみて、最初の印象というのは?

「もう楽しくて仕方なかったです。ゴールをたくさん決められるし、取られてもすぐに取り返せるので、すごく好きですね。ビーチサッカーだからと戸惑う部分も全然なくて、砂の上でやる普通のサッカーという感じでした。最近は戦術なども身に着けていますが、個人的には本当にサッカーの延長です」

― パスやシュートにおいて、サッカーとビーチサッカーで違う部分はどういったところですか?

「浮き球ですね。下が不安定なのでボールが浮いていたほうが受けやすいですし、浮き球は重要です。ただ、『サッカーとは別のスポーツだ』と言う人はプレーヤーの中にも多いのですが、僕はあくまで『サッカーはサッカーだ』という印象です。シュートもサッカー同様、GKの位置を見て空いているところを狙うといった感じで。とはいえビーチサッカーの場合、ゴロで狙うのはフリーキックのときぐらいです」

― そして2008年にはJFA全日本ビーチサッカー大会でMVPを受賞されましたが、翌2009年に一度サッカーに戻られました。その理由は?

「若くてちょっと調子に乗っていたというのもあるんですが、2008年ごろに代表監督と衝突してしまいました。それで招集すらされなくなったので、最後に大会で個人タイトルでも獲ってやめてやろうと。実際に獲れたので、すっきりしてサッカーに戻ろうと思いました」

― それでアルビレックス新潟シンガポールへ加入したんですね。シンガポールはどうでしたか?

「半分が契約選手、半分がJAPANサッカーカレッジの生徒だったため、技術の差は感じました。また、監督の方針が『勝利第一』ではなくレベルを上げてどんどんステップアップしていってほしいというチームだったので、試合の日なのに午前中にフィジカルトレーニングをするといったことが当たり前でした。毎日必ず2部練習で、内容もほとんど走りで本当にきつかったです。ただ、昔は持久力が全然なかったので、あのときに鍛えられた部分はかなりありますね。フルコートでの2対2とかを永遠にやらされました(笑)。当時の仲間で今も海外で頑張っている選手もいますし、結果的に非常にためになったと感じています」

― そうした中で、ビーチサッカーに復帰したのはなぜだったんでしょう?

「正直なところ、サッカーよりもビーチサッカーのほうがやはり自分に合っていたし楽しかったので、シンガポールでプレーしているときから戻ろうと思っていました」

― ビーチサッカーに復帰した後、2011年からスイスへ行きました。

「スイスにプロリーグがあると聞いていたので、自分がより成長するために行きたいと思ってトライアウトを受けに行きました。ただ、レベルは確かに高かったんですが、自分のようなプレーヤーがいないことに逆に驚きもしましたね。最初から思った以上にやれました」

― スイスからさらにイタリアのインテルBSへ。イタリアのほうがレベルは高かったですか?

「リーグ自体はイタリアのほうが高かったです。そして、外国人枠なので、結果を出さないといけない。とにかくゴールを求められるという環境の中で成長した部分は大きいです」

「リーグ戦の外国人枠は3人なのですが、ビーチサッカーは大会によって外国人枠がフリーの場合もあって、そのときは大会契約や1試合契約といった形で様々な国の選手がチームにいました。日本だとあまり考えられないんですが選手たちもその辺は割り切っていて、たとえばブラジルの大会なら今回はヴァスコ・ダ・ガマで出て次はフラメンゴと、選手がぐるぐる入れ替わります。個人的にはそれぐらいのほうが環境としてやりやすいです」

― それでは日本代表の話にいきましょう。日本はここ10年、アジアでトップクラスの力を保持していますが、他の国との力関係で変化は感じますか?

「周りの国のレベルが年々上がってきているのを実感しますね。以前ほど力の差がなくて、『今回は本当に予選を突破できないかも』というところまで来ています。日本も昨年4月にブラジル人のマルセロ・メンデス監督が就任して以降、彼はビーチサッカー専門の監督で色々なところに顔が利くので遠征や合宿の量が大幅に増えました。やはり大会に出て強い相手と対戦するというのが一番成長につながります。今年3月に行われたワールドカップ・アジア予選も厳しい試合が多く、決勝トーナメントに入ってからは特に若い選手がプレッシャーに苦しんでいたように感じましたが、逆を言えば良い経験になったと思います」

― 若いといえば、2010年に地元の川崎にサッカースクールを開校して、2014年にはビーチサッカーのスクールも始められたそうですね。

「ビーチサッカーは、絶対に日本に取り入れたい文化だと思っています。と言うのも、海外へ行くと多くの国で小さい子どもにビーチサッカー(=ビーチでサッカー)をやらせているんです。そこからサッカーやフットサルへ転向していくという、言うなれば日本と逆の流れが特に南米などではありました。自分でプレーしていても『どこが鍛えられるか』というのがよく分かるので、吸収力のある子どもの時期にやらせたら、間違いなく良い選手が生まれるなと。それで日本へ戻ってきた後にビーチサッカーのスクールも立ち上げました」

「ビーチサッカーの場合、ボール感覚なども上手くなるのですが、それ以上に足場が悪いので身体のバランス感覚や足腰が鍛えられます。砂を裸足で掴むので足が速くなりますし、倒れても痛くないのでアクロバティックなプレーも身に付きやすいなど、本当にサッカーに必要な色んな要素が詰まっています。そして何より、楽しいというのが一番ですね。僕のスクールでも普通のサッカーよりビーチサッカーのほうが楽しくやっているのが伝わってきます。裸足で砂遊びをしている感覚ですよね。そうやって楽しくプレーしながら、自然とサッカーも上手くなっている。それが素晴らしいと思います」

― ファン視点で見た場合のビーチサッカーの魅力というのは?

「ありきたりかもしれないですが、ゴールがたくさん入るところです。展開が速い上にアクロバティックなプレーも多いですし、選手と観客の距離も近いので迫力があります。『本当のビーチサッカー』を見れば絶対に楽しんでもらえると思います」

― それでは最後に、今回のワールドカップに向けて。これまでの最高成績はベスト4(2005年)ですが、その上へ行くために必要なものは何でしょう?

「とにかく結果がすべてなので、何が何でも優勝して、2011年のなでしこジャパンのように“状況”を変えたいと思っています。日本は島国なのでビーチサッカーができる場所はたくさんありますし、もっと身近な存在になっていくために、結果ですね。それのみです」

― ありがとうございました! ちなみに大会全体の展望という意味で、ビーチサッカーで今一番強い国はどこですか?

「前回王者のロシア、次にブラジルですかね。昨年のインターコンチネンタルカップではブラジルが久々に勝ちましたが。ロシアは環境が違います。資金が豊富でドーム型のビーチコートがたくさんあって、リーグもしっかりしています。選手もポーカーフェイスで、きつくても嬉しくても表情があまり変わらず淡々とプレーしていますね。今大会も優勝候補。あと前回準優勝のスペインも強いです」


日本では今年4月、ようやく日本サッカー協会(JFA)が「日本ビーチサッカー協会連盟(JBSF)」を創設するなど、競技を取り巻く環境がまだまだ発展途上といえるビーチサッカー。それでも現状、すでに世界で戦える力を持っており、何よりサッカー選手の育成という意味でも今後注目される可能性を十分に秘めている。

明日9日にいよいよ開幕するワールドカップ。“状況”の打破をかけて臨む日本は、初日にいきなり開催国ポルトガルと対戦。

試合は現地時間の9日14:30、日本時間の同22:30キックオフとなっており、その後はいずれも中1日でアルゼンチン、セネガルと対戦する(※ビーチサッカーの試合間隔はサッカーに比べて短く、16チームが参加する今大会の開催期間も7月9日から19日までの11日間。グループステージの上位2チームがベスト8へ進む)。