写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●クリスティアーノ・ロナウドが2人!?
リーガ・エスパニョーラのレアルマドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウド選手が7月8日、東京・丸の内で美容機器メーカーMTGのイベントに出席し、ハリウッドの特撮工房Legacy Effectsおよび3Dプリンタメーカー・ストラタシスが製作した同選手の等身大サイバークローンとの対面を果たした。

世界最高峰のサッカー選手である同選手は今回、MTGのウェアラブルトレーニングギア「SIX PAD」の開発に協力。等身大サイバークローンはそのPRの一環として製作されたもので、3Dプリンティングやハリウッドの特撮技術を用いてロナウド選手の身体を忠実に再現している。筋肉のつき方、骨格や皮膚の質感、表情まで精巧に作りこまれており、同選手が「目が動くなんて信じられない。完璧ですね、気に入りました。」と驚くほどの完成度だ。ちなみに、腕と脚、腹部は「SIX PAD」を装着した時の筋肉の動きを可視化するためにスケルトンパーツが採用されている。7月12日まで丸ビルで一般公開された後、お台場で開催されるイベントで展示する予定だ。

○色白なのはシーズン前のデータだから

製作にあたってはまず、同選手の身体をスキャンして3Dデータ化した後、ストラタシスのPolyjet方式3Dプリンタ・OBjet500 Connex3を使用してマスタモデルを出力。そのモデルをベースにLegacy Effectsのアーティストが型取り用の最終クレイモデルを作成し、長年培ってきた最先端の特殊メイク技術を駆使して仕上げていった。現在の本人より色白のカラーリングとなっているのは、シーズン前にデータを取得したためだという。

OBjet500 Connex3はマスタモデルのほかに、腕と脚のスケルトンパーツの製作にも使用されたほか、目の動きなどを制御する内部機構にはストラタシスのFDM方式プリンタ・Dimensionで造形したパーツが使用されている。

●技術の融合によって実現したリアルさ
○3D技術がもたらしたメリット

今回のプロジェクトは企画段階からわずか完成まで4カ月で完成までこぎ着けた。タイトなスケジュールが実現した背景には3D技術の活用がある。

「3Dデータを用いずに、ゼロからクレイモデルを作る従来の手法でははるかに長い時間がかかるだろう」と語ったのはLegacy EffectsでLead Artistを担当したJason Matthews氏。ロナウド選手をスキャンした段階で基本的な造形は決定できたため、すぐに細部の検討に入ることができたのだという。

また、内部機構の設計を担当したLead Animatronic DesignerのDavid Covarrubias氏は「これまでの手法では、最終クレイモデルが確定しないと内部機構の設計に移れなかったが、今回は3Dデータを見ながら作業を進められた」と作業フローの変化についても言及。各分野の作業を同時進行できるようになったことも効率化につながったと指摘した。

Legacy Effectsではかねてから3Dプリンティング技術を取り入ており、3Dプリンティングを活用した作品づくりに実績をもっていた。逆に考えれば3Dプリンティングを組み込んだ作業フローを確立していければ、プロジェクトに参画することはなかったはずだ。そういった意味で、今回のサイバークローンは、Legacy Effectsが培ってきた熟練の技術と3Dプリンティングという先端技術が融合したからこそ実現したプロジェクトといえる。

(神山翔)