女子W杯カナダ大会の表彰式が終わり、ベンチに戻るなでしこジャパンの選手達は、優勝したアメリカの歓喜を眺めながら円陣を組んだ。ほどなくして輪が解けた時、熊谷紗希はユニフォームで目元を拭っていた。

「最後、(円陣を組んで)締めたというのもあるし、このメンバーでやれるのは最後なんだなと思ったら......」

 世界で2位になった充実感よりも、2−5という大敗の悔しさ。自身2度目のW杯、望んだ結果は得られなかった。

 今回のW杯に向けて、熊谷には焦りのようなものがあった。海外でプレーする選手は代表の活動に参加できないことが多く、それはフランスリーグのトップクラブであるリヨンに所属する熊谷も同じだった。

 前年のアジアカップでさえ参加は制限され、結局、熊谷は招集されていない。W杯の前哨戦とも言われ、先発の固定に入る3月のアルガルベ杯ではメンバー入りして出場したが、日本は9位に終わった。当時、熊谷はこんな話をしていた。

「(難しいとは思っていたけれど)こんなに難しいのか、というのはありました。とにかく、デンマーク相手でも勝てなくて(1−2)、初戦でだいぶこたえた」

 とはいえ、今の実力を把握できたことでよしとするほかなかった。

「このままじゃいけないっていうことを、全員が再確認できたと思うから、こっち(フランス)のシーズンが終わって5月からの準備期間と、W杯前の2試合(イタリア戦、ニュージーランド戦)しかないけど、限られた時間のなかでやるしかない」

 彼女にはジレンマがあった。個人の力を上げることこそが、自分のためはもちろん、なでしこジャパンのためにもなると考えた末の海外移籍だった。実際、欧州トップクラスの強豪クラブ、リヨンでコンスタントに出場し、この上ない経験を積んだ。

しかし、個の力は上がったが、欧州でプレーするがゆえになでしこジャパンのチーム練習に参加する回数が減り、連係面を向上させる時間が減った。代表の活動日程が世界で統一されている男子では起こりえない、女子サッカーならではの問題があり、そのあおりを食らった格好だ。

 W杯カナダ大会決勝後、涙のあとがまだ消えないまま、熊谷は言った。

「個の能力を上げるために海外に出て、できた部分もある。ただ、この大会はチームとしても個人としても、最後の決勝戦はできなかった部分があった。やはり、ピッチの中で、90分の中で修正していかなきゃいけない。そこのところは、ピッチに立っている選手にしかできないし、自分が後ろ(DFライン)からもうちょっと声をかけることもできたかもしれない。チームとしてもう1回立て直そうということを(試合中に)できたんじゃないか。そういう悔しい気持ちはあります。それでも、自分が4年間やってきたことは、足りない部分はあったとしても間違っていなかったと思います」

 アメリカとの決勝で、日本は立て続けの3失点。佐々木則夫監督は、前半33分に澤穂希を投入。そして、失点に絡んだDFリーダー、岩清水梓を外した。

ボランチの阪口夢穂(みずほ)をセンターバックに下げ、同じくボランチの宇津木瑠美を左サイドバックにした。その後、澤の存在もあってボールは落ち着き始め、戦況も一方的なものではなくなった。熊谷は出場し続け、阪口とのコンビネーションで守備を安定させたが、驚きは隠せなかった。

「練習でやったことのなかった形でしたし、ちょっとびっくりしましたけど、みずほと声をかけながらやった。向こうは3点とってからは、けっこう引いていたので、自分たちがボールを持てたというのもある。そこまでやられることなく守れたかなと思います」

 少しは手応えを感じたが、まとめればひと言だ。

「悔しいなというひと言につきます。戦い方もアメリカの方が上手だったし、これが自分たちの実力なんだなと思う」 

 熊谷は、まもなく始まる欧州での新シーズンに向け、英気を養ってからフランスへと向かう。そこでまた、個のレベルアップをはかりつつ、なでしこのことも忘れない。

「リオ五輪の予選もありますし、今後はそこに向けてやっていきます。もちろんそれだけじゃないですけど......。とにかく自分のチームに帰って新しいシーズンを迎えるにあたって、しっかりそこ(五輪予選)につながるような準備と、いいシーズンを送れたらと思います」

 熊谷は現在24歳。次のW杯も十分狙える。なでしこジャパンのDFの要は、悔しさをバネに新たなスタートを切った――。

了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko