ゲーム実況動画で絶大な人気を誇るユーチューバー「PewDiePie」は、2014年に9億円超の税引前利益を計上した。初の自著も出版予定で、今年はさらに年収が増えそうだ。

「あの人気YouTuber、売上げが9億円超に」の写真・リンク付きの記事はこちら

PewDiePie(ピューディパイ)」ことフェリックス・シェルベリ(25歳)は、「YouTube」、ひいてはグローバルメディアで成功した最も人気が高いコンテンツ制作者のひとりだ。

同氏の「let’s plays」動画やほかのさまざまなゲーム実況動画は、登録者数が3,700万人を超えている。こうした登録者のおかげで、同氏は「大金持ち」になった。

シェルベリ氏のYouTubeネットワークは2014年、6,370万スウェーデンクローナ(約9億1,300万円)という、うれし涙があふれそうな金額の売上をもたらした。前年の約4億9,200万円(日本語版記事)と比べても売上は激増している。この売上の大半は、YouTubeパートナープログラムによる広告収入だ。

スウェーデン紙『Expressen』が報じているように、シェルベリ氏の会社Pewdie Productionsがスウェーデン会社登録庁に公的に提出した報告書によると、同社は、6,300万スウェーデンクローナ(約9億800万円)の税引前利益を計上している(売上は6,370万スウェーデンクローナ。つまり、ほとんど経費がかかっていないのだ!)。

PewDiePieの動画配信は、ファンでない者から見れば、興奮した解説と仲間内のジョークが奇妙に混じり合ったものだが、この「組み合わせ」が視聴者には受けている。シェルベリ氏はファンのことを「bros(兄弟たち)」と呼んで友好関係を育んでいる、また、たとえば、サブカルチャーのアニメから「センパイ(先輩)」という接尾辞を採り入れたりしている。

シェルベリ氏が取り上げるゲームは、「インディーゲーム」や「忘れられた旧作ゲーム」が多いのだが、往々にして売上高が急増し始める。

リリースされてから3年後に取り上げた「Skate 3」は、人気が出すぎて、需要を満たすためにElectronic Artsが再販したくらいだ(また、無料アプリゲーム「Flappy Bird」の世界的大人気を招いた張本人でもある)。
 
シェルベリ氏が次に取り組むのは、初の自著『This Book Loves You』だ。この本は、読者の人生を変えると約束されている。

実際には、「人生の指針にすべき、『心を揺さぶる格言』を集めて写真を交えてうまく表現した作品」だというが、版元であるRazorbill社(Penguin Randam House傘下のヤングアダルト系出版社)は、10代が主であるシェルベリ氏のファン層をターゲットにしていると述べており、来年には同氏の懐はさらに潤いそうだ。

TAG

GameWIRED UKYou TubeYouTuber