世界で戦うトップアスリートで、さらに“美女アスリート”ともなれば、CM1本で数千万円を稼ぐことはざらにある。企業の広告戦略にとって大きな魅力でもある、女子スポーツ選手のCM事情はどうなっているのか。

「五輪でメダルを獲るなど大きな話題になった際は、どんな芸能人よりも広告効果が見込めるため、CM起用に際してはかなりのギャラが支払われることになります」

 スポーツ選手のCM出演料について、大手広告代理店幹部のA氏はそう語る。

 複数社の広告代理店の内部資料を基に作成した主な女性アスリートの最新CM出演料を紹介する。フィギュアスケートの浅田真央(24)が最も高額で推定4000〜9000万円、次いでゴルフの宮里藍(30)が推定5000〜8000万円、ジャンプの高梨沙羅、テニスのクルム伊達公子(44)と卓球の福原愛(26)が推定3000〜5000万円とされている。

 CMに加え、一年間のスポンサー契約やイベント出演契約が含まれるケースがある。現役、引退組問わず、契約1本で数千万円を超える女性アスリートはざらだ。

 リストの浅田真央や高梨沙羅の金額の幅が大きいのは、「試合に勝って話題になった場合、倍以上になることもある」(A氏)からだという。

 一昨年、2020年の東京五輪開催が決まって以降、企業がアスリートをCMに起用しようという機運は高まっているのだろうか。

「女性アスリートの2014年度(2014年4月〜2015年3月)CM出演数を見ると、上位は高梨沙羅、横峯さくら、浅田真央、宮里藍、石川佳純、吉田沙保里などの各選手でした。昨年から今年にかけては2016年のリオ五輪を控えた端境期と言えるため、上位でも3〜4社とそれほど多くはありません。

 今後は、世界大会などの結果次第で起用が増えるでしょう。たとえば、なでしこジャパンがW杯で優勝した2011年度は、澤穂希選手一人で11社に出演しています」(CM総合研究所研究員)

 東京五輪を機にアスリートバブルが起きる可能性もある。 「開催前まで好成績を維持し、2020年の本番でもメダルを獲得できれば、ギャラはリストの倍以上になることもあると思います」(A氏)

※SAPIO2015年8月号