「スポコン展!」が松屋銀座で開催 -『巨人の星』や『あしたのジョー』などのセル原画や絵コンテ公開

写真拡大

松屋銀座で、『あしたのジョー』『エースをねらえ!』『アタックNo.1』『巨人の星』など国民的人気の4大「スポ根」アニメの名場面やその制作資料、原画などを一挙公開する「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」が開催される。期間は2015年8月26日(水)から9月7日(月)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「スポーツ根性もの」略して「スポコン」。時代・社会を背景に、固有にして多様な表現に実を結んだスポコン漫画は1960年代から70年代、日本の高度経済成長期に絶大な人気を博した。

本展はトムス・エンタテインメントのアニメ制作50周年を記念し、同社制作によるスポコンの原点と称される『巨人の星』、女子バレーボールを描いた傑作『アタックNo.1』、人間ドラマとテニスを融合させた華麗なる名作『エースをねらえ!』、ボクシングの凄惨なドラマが社会現象を生んだ『あしたのジョー』(含『あしたのジョー2』)の4作品を、アニメと原作漫画を通じて紹介。

初公開となるセル原画や絵コンテ、貴重な漫画原画に加え、描き下ろし原作者イラストなど500点を超える圧倒的な展示を通じスポコンの熱く真摯な世界へと誘う。また会場構成とグラフィックデザインはデザイナーの祖父江慎が担当する。

血の滲むような特訓、ライバルとの凄絶な戦い、主人公を襲う宿命の物語を会場で感じてみてはいかが。

【展覧会概要】
「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2015年8月26日(水)〜9月7日(月)<13日間>
開場時間:10:00〜20:00
※最終日5時閉場 入場は閉場の30分前まで
入場料:一般1,000(700)円、高大生700(500)円、中学生500(400)円 小学生300円
※()内は前売券
主催: 朝日新聞社、トムス・エンタテインメント
協力:講談社、集英社、虫プロダクション
会場デザイン:祖父江慎