暑い夏でもみずみずしいブドウを食べると、スーッと疲れが取れていくような感じがしませんか?ブドウの主成分はもちろんブドウ糖。体に入るとすぐにエネルギーとなるので、夏の疲労回復にもってこいのフルーツなのです。

夏バテの体力回復にはブドウがおススメ

ブドウに多く含まれるブドウ糖は、体のエネルギー源となるものです。炭水化物の糖分は消化酵素によりブドウ糖に分解されてから血液によって体内に運ばれますが、ブドウ糖を直接摂取すれば効率よくエネルギーとして使うことができるのです。“ブドウ”糖という名前の通り、100g当たりの含有量で比べると、ブドウに含まれるブドウ糖の量は、バナナやリンゴの2倍。夏場のエネルギー補給にはブドウがおすすめなのです。

貧血気味の人にもブドウをおススメ

ブドウ糖以外で、ブドウに多く含まれる栄養素は鉄分です。そのため貧血気味の人にもブドウがおススメ。生のブドウを干して作る干しブドウも、貧血の時におススメです。ただし、干しブドウにすることによって水分が抜ける分、糖分が多くなり、カロリーは高めになってしまいます。食べ過ぎには注意をして、一日10粒程度、しばらく続けて食べるようにしましょう。

眼精疲労にも?ブドウにもアントシアニンが多い

ブドウの皮に多く含まれるのは、目の疲れをサポートするアントシアニンです。パソコンの使いすぎなどで目が疲れた時にもブドウを食べてみましょう。皮をむかずにジューサーにかければ、これらの成分も無理なく摂取することができます。皮まで食べられるシャインマスカットなどを選んでもOKです。また、デラウエアなど赤いブドウには、発がん抑制の効果があるといわれるレスベラトロールという成分も含まれています。

ブドウに付いている白い粉は何?

新鮮なブドウの表面に白い粉が付いていますが、これは農薬ではありません。この粉はブルームといって、ブドウに含まれる脂質から作られたロウが表面に出てきたもの。雨などから果実を守ったり、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。ブルームが多いほど新鮮なブドウなので、安心して食べてください。ブルーベリーやリンゴ、ブロッコリーにもブルームはあります。


writer:岩田かほり