(左から)ラーブ味、麻婆豆腐味、パイナップル味、メープル味

写真拡大

江崎グリコは、ロングセラーブランド「プリッツ」から、世界で人気を集めている個性的な4つのフレーバー「ラーブ味」「麻婆豆腐味」「パイナップル味」「メープル味」を2015年7月14日から日本で初めて発売する。

タイのプリッツは日本人観光客の土産の定番に

「ラーブ」はタイの家庭料理のひとつ。肉を使ったサラダのようでスパイスが効いている。プリッツでは魚醤パウダーを使用し隠し味にライム・ミントの風味をきかせて仕上げた。

「プリッツ」は1963年に日本で発売され、70年に「タイグリコ」によいタイ国内でも販売が始まった。現地向けに「ラーブ味」や「トムヤムクン味」が作られており、今では日本からの観光客のお土産としても人気が高まっている。最近ではタイからの観光客が日本でお菓子を購入するインバウンド消費が高まっているが、タイを訪れる日本の観光客の間ではタイでお菓子を買うことがブームになっているという。

「麻婆豆腐」は日本でも人気の中国・四川料理の定番。特有の花椒の痺れるような辛さがやみつきになる味わいをプリッツで楽しめる。噛むほどに肉の旨みとピリリとした刺激が広がるという。

「パイナップル」は米ハワイなど南国でおなじみのフルーツ。プリッツでは世界で一番有名な品種である「スムース・カイエン」の果汁パウダーを使用しフルーティーな味わいに。「メープル」は、カナダ名産のメープルシロップを生地に練り込み、更に上からクリームを塗り二層仕立てに焼き上げコク深い甘さが楽しめる味に仕上げた。

いずれも原料にこだわり本場の味が味わえ、一口食べるとまるで現地にいるような気分を楽しめるという。「ラーブ味」と「麻婆豆腐味」は55グラム入り、「パイナップル味」「メープル味」は40グラム入り。価格はいずれもオープン。