グーグル、「特撮のレジェンド」円谷英二を称えるDoodle

写真拡大

グーグル日本法人が、円谷英二氏の誕生日にあたる7月7日、彼の特撮作品をモチーフにしたGoogleの検索ページ「ロゴデザイン」を公開した。10種類の特撮シーンをつくると円谷氏風の短編作品が出来上がるという楽しいゲームだ。

「グーグル、「特撮のレジェンド」円谷英二を称えるDoodle」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルが、いままでにないほどすばらしい「Google Doodle」をつくり出した。ただし、日本のグーグルサイトで検索を行うか、日本のカルト文化の熱烈なファンでなければ、このDoodleを見かけることはなかっただろう。

日本のグーグルが7月7日(日本時間)、伝説的な映画監督である円谷英二に捧げるミニゲーム集のDoodleをトップページに表示した。このDoodleは、ブラウザーだけで遊べる「メイド イン ワリオ」風のゲームで、円谷氏の業績とキャリアを称える楽しいものになっている。

プレイヤーは、次々と表示される10種類のゲームに挑むことになるが、それぞれのゲームは、円谷氏が得意としていた「特殊効果」を盛り込んだ映画の1シーンを構成している。各ゲームの時間は3〜5秒程度で、プレーヤーはその時間内に、怪獣のしっぽでビルを破壊したり、送電塔に電気を通して侵略者に電気ショックを与えたり、巨大怪獣の足で戦車を踏み潰したりしなければならない。すべてのゲームを終えると、作成したシーンがつなぎ合わされて、1本の短編映画として上映されるが、映画の内容は、成功または失敗したゲームの種類によってそれぞれ変わってくる。

2015年7月7日で生誕114周年を迎えたことになる円谷氏は、映画の特殊効果とその技法で世界に影響を与えた。1933年に上映された『キングコング』に触発された円谷氏は、日本の「特撮」映画界の先駆者となり、人類を脅かす怪獣や宇宙人を革新的な方法でスクリーンに映し出した。CGIが当たり前になる数十年前の話だ。

彼の手法は、「人工の装具」、「精巧なミニチュア」、そして不当と言えるほど悪評を受けた「ゴム製の着ぐるみ」を使うというものだった。こうした技法は、いまでは時代遅れに見えるものもあるが、SF映画やファンタジー映画の制作に革命をもたらした。ギレルモ・デル・トロ監督の映画『パシフィック・リム』(日本語版記事)なども、影響を受けたと見られる作品のひとつだ。

円谷氏の作品は成功を収め、また、彼に影響された他のクリエーターの作品が数多くつくられたため、欧米の人でも、それとは気づかずに特撮映画を目にしたことがきっとあるはずだ。たくさんの特撮映画や特撮ドラマが欧米に渡っているが、たいていの場合、質の悪い英語に吹き替えられているか(ほとんどの『ゴジラ』映画がそうだ)、一般市民の登場シーンや特殊効果のないシーンが欧米人の演じるシーンに置き換えられている。

米国の『パワーレンジャー』はこのやり方でつくられた特撮ドラマで、毎年新作が登場する日本のスーパー戦隊シリーズをローカライズしたものだ。だが、円谷氏の作品は今もかなりユニークな存在で、多くの作品が日本国外でノーカット上映されている。

円谷氏は1970年に亡くなったが、彼の作品はいまも生き続けている。グーグルが7日に公開したDoodleは、シンプルだが、円谷氏のファンにとっては素敵な誕生日プレゼントだろう。

TAG

DesignGoogleDoodleMovieTokusatsuWIRED UK