新生「HEROES」の内容が判明、日本では今秋Huluでの配信が決定。

写真拡大

全米で2006年からスタートしたNBCの大ヒットテレビシリーズ「HEROES/ヒーローズ」の生みの親であり、同作の製作総指揮を務めたティム・クリングが、13話から構成される新シリーズを誕生させた。スーパーヒーローのような特殊能力を突然授かったごく平凡な一般の人たちが地球を救うために活躍する大人気シリーズの“生まれ変わった(Reborn)”新たな章「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」が、この秋、日本に上陸する――。

今から1年前、米テキサス州オデッサの街がテロリストによって攻撃を受け、街の人々が惨殺されてしまう事件が起きる。この悲劇の責任を問われた超能力者(ヒーローズ)たちは、世間の目からひたすら隠れ逃げ生きることを余儀なくされてしまう。そんな超能力者のふたり、ルーク(ザカリー・リーヴァイ「CHUCK/チャック」)とジョアンヌ(ジュディス・シェコーニ「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2」)は、この悲劇への復讐計画を着実に進めていた。

Mr.ベネット(ジャック・コールマン「HEROES/ヒーローズ」)もまた、世間から姿を消していたが、新たなる陰謀を企む人物クエンティン・フレイディ(ヘンリー・ジェブロフスキー「A to Z」)に居場所を突き止められ、オデッサ壊滅の悲劇の裏側にある真相を知らされ驚愕とする。

世間から身を隠している間に、自分の新たなる能力に戸惑う者たちもいた。イケてない10代の青年トミー(ロビー・ケイ「ワンス・アポン・ア・タイム」)は、ごくごく平凡な自分に戻って、好きな女の子エミリー(ガトリン・グリーン「クリミナル・マインド/FBI VS 異常犯罪」)に告白することを願っていたが、彼自身も恐れるほどの能力がそれを困難にさせていた。

また、勇敢で風変わりな温室育ちのお嬢様マリナ(ダニカ・ヤロシュ「シェイムレス 俺たちに恥はない」)は、将来何か偉大なことを成し遂げるという予言をされ戸惑う。東京では、物静かで風変わりな若い女性ミコ(祐真キキ「デス・ヤンキー3」)が、失踪中の父親を探しながら、ひとたび世間に知られれば巨大な力として恐れられるような、桁外れの秘密を隠し持っていた。

その他にも、違うタイプのヒーローが元軍人のカルロス(ライアン・グスマン「ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑」)から現れたり、一方で、大成功を収めたテクノロジー集団のトップに立つエリカ(リア・キルステッド「マスター・オブ・セックス」)も、誰にも明かせない彼女自身の問題を抱えているなど、世界各国で様々な人たちが新しい能力の目覚めを迎えて困惑していた。

そして彼らはやがて、過去の偉大なるヒーローズ(超能力者)たちと出くわすこととなる。ヒロ・ナカムラ(マシ・オカ)、マット・パークマン(グレッグ・グランバーグ)、モヒンダー・スレシュ(センディル・ラママーシー)、そして“ハイチ人”(ジミー・ジャン=ルイ)をはじめとした、数々の活躍を繰り広げてきた超能力者たちだ。

新旧のヒーローたちは、力を合わせて地球とそして我々人類を救うことを新たなる使命とされるのだった――。

「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」は今秋、Huluで配信決定(※全米NBCでの放映後、1か月以内に字幕版でスピード配信予定)。