さくら、心身共に充実した状態でメジャーの舞台へ!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米女子オープン 事前情報◇7日◇ランカスターCC(6,460ヤード・パー70)>
 ペンシルベニア州にあるランカスターCCを舞台に開催される海外メジャー「全米女子オープン」。昨年大会で7位タイに入った横峯さくらは土曜日にコース入り。日曜日に18ホールを回り、月曜日はハーフ、この日もハーフを回り調整を重ねている。
オフショットも!横峯さくらの特選フォトギャラリー
 日本勢は距離のあるコースに悩まされているが、横峯もセカンドショットが届かないホールがいくつかあるそうで「距離は長いです」と苦笑。しかし、「コースセッティングはみんな同じ。まあ、やるしかないですね」とその点はすでに吹っ切れている様子。今は「調子はここ最近で一番良いと感じる。メンタルもすごく良い」と心身共に充実した状態で大舞台を迎えることができた。
 これまでは気持ちを入れすぎると、「空回りしてしまうというのはあったんですけど、でも全米に関してはない」とこの試合には気合を入れていくという横峯。「見ている人はあんまり変わらないと思うけど(笑)でも私自身の中ではしっかりとテンションを上げて気持ちを盛り上げてやっていきたい」と今週はハイテンションで大舞台に臨む意向だ。
 メジャー初戦の「KPMG女子PGA選手権」では13位タイ。まだ目標などは定めていないそうだが、テンションを上げて挑むこの大会ではどんなプレーを見せてくれるのか。注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>