7日放送のバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、SMAP・中居正広が、俳優・杉本哲太の過去を明かす一幕があった。

番組のゲストとして登場した杉本は、神奈川県茅ヶ崎市の出身だという。中居は、茅ケ崎市の隣の藤沢市出身で、地元が同じだそう。

本番前に杉本と話をしたという中居は、「初めてですね、あんなにしゃべったの」と明かした。その上で、中居は杉本の地元での評判について、「怖い人ですよ、本当に。本当の怖い人ですから」と暴露したのだ。なんでも、中居は杉本が横浜銀蠅の弟分として16歳でデビューする前から、地元で「悪い人」ということで知っていたそうだ。

杉本はとっさに「いえいえ」と否定するが、中居は「今は芸能界に入って更正されて。よかったですよね」と同意を求めると、杉本も「よかったです。更正しました」と応じた。これに、中居が「この世界に入ってなかったら、たぶんもう捕まってますよ」と畳み掛けると、スタジオから「えー!」「そんなに?」などと声が飛んだ。

坂上忍が「僕が会ったときは『ミスターいい人』でしたよ」と漏らしたが、これに中居は「自分の反面教師ですよね」とコメントした。そして中居は、杉本が今では警察官や検事を演じていることに、「よくできますね。どんな顔でやってるんですか」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

【関連記事】
岡田将生が中学時の急激な髪質の変化を告白 中居正広も驚きを隠せず
中居正広が滝沢秀明のルックスを絶賛「群を抜いてる美しさ」
中居正広と明石家さんまの類似点を陣内智則が指摘