60年間、毎週欠かさず献血をした男性。200万人以上の赤ちゃんを救った「黄金の腕」とは?

写真拡大

オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、CNNで報じられ話題になっている。

Golden-Arm-1

彼が赤ちゃんを救うために行ったことは「献血」だ。しかも60年間、毎週休まずに献血をしているという。

Golden-Arm-2

ハリソンさんは14歳の時、肺を摘出する手術を受けた。その時、輸血パック13個分の血液によって命が救われたことを父から知らされた。大人になったら自分も献血をしようと心に決めた彼は、老齢になった現在もそれを実行している。

200万人の赤ちゃんの命を救った
奇跡の血液

Golden-Arm-4

献血を通してひとつわかったことがある。ハリソンさんの血液には、特殊な抗体である抗Dワクチンが含まれていたのだ。
これがRh血液型不適合妊娠という問題の解決に役立つことが分かり、オーストラリア赤十字に献血を依頼されることにつながった。
Rh血液型不適合妊娠とは、妊娠した母親の血液型と胎児の血液型が一致しないことで起こる問題。私たちの血液型は、A・B・O・ABの4種類に分類されるほか、Rh因子によってRhプラスかRhマイナスに分類される。

母親の体内にRhプラスに対しての抗体が存在する場合、Rhプラスの胎児の赤血球が異物とみなされ攻撃されてしまうのだ。その結果、胎児が重大な疾患を引き起こしてしまうこともある。Golden-Arm-3

彼の血液が持つ抗Dワクチンは、Rh抗体の生成を防いでくれる。驚くべきことに、今現在オーストラリアで生成されている抗Dワクチンは、すべてハリソンさんひとりの血液から採取されたものだとか。

恩返しのために始めた献血。それをきっかけに救われてきた命は、今日では200万人を超えている。

Reference:faithit
Licensed material used with permission by TomoNews US