便秘解消に効果的な成分として「オリゴ糖」が注目されています。普段の食事や飲み物でお砂糖を使う場面があれば、それをオリゴ糖に変えるだけでOK。でもオリゴ糖って一体どんな糖分なのか、意外と知らない人も多いはず。ここでは「オリゴ糖」の基礎知識をご紹介いたします。

オリゴ糖ってどんな成分なの?

オリゴ糖はいくつかの単糖が繋がっているもので、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことから腸内環境を整えるのに最適な糖分です。便秘解消を目指せるのはもちろんのこと、甘味はきちんとあるのに虫歯を防いだり、血糖値や中性脂肪をあげにくいといった嬉しい作用も報告されています。オリゴ糖の「オリゴ」はギリシャ語で「少し」という意味があり、日本では「少糖類」と呼ばれる場合もあります。

オリゴ糖の効果的な食べ方

オリゴ糖の最も効果的で食べやすい方法は、プレーンヨーグルトに混ぜて食べる方法。無糖のヨーグルトはそのままでは食べづらいですが、オリゴ糖を少量入れるだけで食べやすくなります。ヨーグルトは乳酸菌が生きたまま届くタイプやトクホマークがついているものを選ぶといいでしょう。オリゴ糖との相乗効果が期待できます。

オリゴ糖の嬉しい2つの働き

腸内環境を整える

先にも述べた通り、オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれるのでそれによって腸内環境を整えてくれます。胃や腸では吸収されにくいため、腸内まできちんと届き、腸の中の不要なものを吸着して体外に排出する働きも報告されています。つまり腸内環境をクリーンにするためにも必要な成分なのです。

肌がつややかに

お肌と腸内環境は深く関係しています。腸内の環境が悪くなり不要物が体内にたまると、悪玉菌が増殖し肌荒れを起こす原因に。さらに腸内環境が劣悪になると新陳代謝が衰えたり、活性酸素を発生させたりするため、ニキビやシミといった肌トラブルも起こりやすくなるのです。腸内環境を整えてくれるオリゴ糖を摂って腸のなかをキレイにすれば、自然とお肌もキレイになっていくはず。

まずは手始めに、ヨーグルトに混ぜてデザート代わりに食べてみるのもいいかもしれませんよ。


writer:山口 恵理香