「ガリ梨」に代わる夏の定番へ

写真拡大

赤城乳業は2015年6月30日、「ガリガリ君スイカ」を発売した。

大人気の氷菓「ガリガリ君」の新フレーバー。前年の夏まで販売されていた「ガリガリ君梨」に代わる「夏のガリガリ君」として登場した。

「イチゴシロップ味?」「さくらんぼ?」スイカ味かは疑問

スイカ味のアイスキャンディーの中に、シャリシャリとした食感が特徴のスイカ味のかき氷を入れた。かき氷の配合を調整することで、本物のスイカを食べているようなシャリシャリとした食感に仕上げた。

夏のガリガリ君といえば10年から14年まで「ガリガリ君梨」(ガリ梨)を販売し、大人気を博していたが、同社は「ガリガリ君スイカ」がこれに代わる新しい夏の定番となるのに期待している。

ツイッターでは、「ガリガリ君のスイカおいしい!」「さっぱりしてて結構美味しいで」など「美味しい」という声が相次いでいる。

「ガリ梨」が根強いファンを獲得した商品だっただけに、「なくなって残念」という声が多いかと思いきや、

「ガリガリ君梨味なくなっててがっかりしたんだけど新しいスイカ味うめぇ」
「いつの間にかガリガリ君の梨がなくなってスイカに変わったことに嘆いてたけど食べてみたら意外と美味しいってことで機嫌は治った」
「ガリガリ君スイカ味うますぎて梨越えたかも」

と、本当に「新しい夏の定番」として認められそうな雰囲気だ。

ただし、「スイカ味」かどうかは疑問、という人が多いようだ。どんな味がしたという報告があるか、一例を見てみよう。

「なんかカキ氷のイチゴシロップの味な気がするw」
「外国のお菓子の味がしたよ」
「オレンジ色にしたら『夕張メロン味』でもOK?」
「いちご?りんご?さくらんぼ?みたいな不思議な味だった」

15年9月までの期間限定販売。希望小売価格は60円(税抜)。