睡眠不足で目の下にクマができちゃった! そんな時どうしていますか?目の下のクマは実年齢より老けて見られがちだし何より不健康そう。できるだけ素早く解消したいものですが、実はクマの色によって対処法が違うのです。

目の下のクマには色によって3つの種類がある

目の下のクマには色によって3つの種類がある

茶色いクマは紫外線による色素の沈着が原因

クマが茶色い場合、睡眠不足が原因ではありません。茶色いクマの原因は、紫外線を浴びて色素が沈着してしまったこと。目の下は顔の中でも少し出っ張っているので、紫外線を浴びやすいのです。皮膚が薄く色素の沈着が起こりやすい部分でもあります。茶色いクマを消すには、美白効果のあるビタミンCを多めに摂取して、メラニンの生成を抑えましょう。

黒いクマは皮膚の老化が原因

目の下のクマが黒い場合、皮膚の老化が原因として考えられます。目の下には脂肪が溜まっていますが、老化で皮膚がたるんでしまうと、脂肪の下に影ができてクマのように見えます。黒いクマを解消するには、血行を良くする働きがあるビタミンEが効果的です。マッサージも効果的ですが、毎日根気強く続ける必要があります。

睡眠不足は青いクマになって現れる

クマが青い場合は睡眠不足が原因です。目の下にはたくさんの毛細血管がありますが、睡眠不足で血行不良になってしまうと、この毛細血管が皮膚を通して青く見えてしまいます。青いクマを解消するには、血行不良を改善するのが先決です。濡れたタオルをレンジでチンしたホットタオルを目の下にあてましょう。血行が促進されたら、さらにマッサージをするとより効果的です。目の下の皮膚はとてもデリケートなので、マッサージは強く擦らず優しく行います。

クマの種類によって対処法は異なりますが、毎日の食生活でクマをできにくくすることもできます。ビタミンCやビタミンEもおすすめですが、眼精疲労を回復するならβ-カロテンを積極的に摂取しましょう。また、目の疲れに効果的と言われているブルーベリーもおすすめです。


writer:岩田かほり