有吉、改めて感じることが出来た近賀の存在「感謝している」

写真拡大

 W杯前の国内壮行試合2試合では右SBはDF近賀ゆかりだったが、本大会に入って初戦から起用されたのはDF有吉佐織だった。決勝トーナメント1回戦のオランダ戦では、代表初ゴールを記録。イングランドとの準決勝では先制点に繋がるPKを獲得し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。「一番、自分らしく、いつも通りプレー出来たことが良かった」。27歳は充実の笑顔を見せた。

 レギュラーとして活躍した今大会だが、改めて近賀の存在を感じることが出来る大会にもなった。「近賀さんは私にとってずっと憧れ。一番見習いたいSB」とした有吉。「私がスタメンとして出ることになっても、近賀さんはアドバイスをくれた。近賀さんの存在があったからこそ、思いっきりプレーできたと思う。感謝しています」と頭を下げた。

(取材・文 児玉幸洋)


●女子W杯2015特集