「久利生公平も木村拓哉も、キラキラ感は健在!」――映画『HERO』完成報告会見レポート

写真拡大

映画『HERO』の完成報告会見が7月5日(日)、映画にちなんで東京・霞が関の法務省で開催。主演の木村拓哉をはじめ、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造のおなじみ“城西支部”のメンバーと、本作からの出演となる佐藤浩市、そして鈴木雅之監督が出席した。

【写真】キャスト大集合! 法務省でのレア会見写真をすべて見る(13枚)

昨夏の連続ドラマ第2シーズンに続く作品で、映画としては2007年の日本映画興行収入No.1となった1作目以来となる本作。型破りの検事・久利生(木村)、そして事務官から検事となった雨宮(松たか子)らが、治外法権の壁に阻まれつつ大使館という“絶対領域”に挑む。

今回、再び映画となったことについて木村は「久利生公平としては、いつもと変わらないことをやっていて、それが映画という形の少し異なる表現になるのは、嬉しいですが半分照れくさいです」と感想を漏らす。

久々に松が演じる雨宮も登場し、以前のような検事と事務官という関係ではなく、共に検事として捜査に当たるが「懐かしさもあるけど、新たな一面もあります」と自信をのぞかせる。

第2シーズンから、事務官として久利生を支えてきた麻木役の北川は、初めて目にした久利生&雨宮のツーショットについて「すごいですよ! 松さんと木村さんが並んでるのを見て、本物の『HERO』だ!と思いました。TVで見ていた『HERO』を生で目の前で見て、中学生にタイムスリップしたみたいで嬉しかったです」と興奮気味に振り返る。

佐藤は、久利生と対峙する外務省官僚を演じたが、ドラマですでに完成しているチームに入っていくのは、並大抵の苦労ではなかったよう。

「あまりに緊張しすぎて、メインの対峙するシーンの撮影の朝にアレルギーが出て、12ラウンド戦った後のボクサーみたいな顔になってしまったんです。でも座長(=木村)が知っている病院で点滴と注射を打って、何とかおさまりました。座長のおかげでございます」と撮影秘話を明かし、改めて木村への感謝を口にした。

「木村拓哉だって年を取ったけど、あの時のキラキラ感は全く失われてません!」

2001年からのオリジナルメンバーの八嶋は「小日向さんの毛が薄くなったり、僕のウザさが増したり、正名さんは(2001年の)TVの時は警備員役で、本当に警備員のバイトをしてたけど、いまはこんなに人気俳優になったり…」と14年の歳月の流れを振り返る。

これに小日向も「僕も角野さんも(毛が)減ったんですねぇ…(笑)。(2001年当時は)まだ結構、ありましたけど、これも長くやってる勲章かな」としみじみと語り笑いを誘う。

一方で「年を取って(以前の作品を)見返すと、久利生公平がキラキラ光ってて息子のように愛おしくなる。木村拓哉だって年を取ったけど、あの時のキラキラ感は全く失われてません!」と14年を経ても変わらぬ作品の“核”を熱く語り、これには共演陣からも拍手が起こった。

角野も「変わりました。前は垂らすくらいは(毛が)あったのに…」と毛髪への未練を口にしつつ、2011年に亡くなった、鍋島次席役の児玉清の存在に言及。

劇中では、鍋島亡き後、角野演じる牛丸が次席検事に昇進したが「机の上に私と児玉さんのツーショット写真がありまして、いつも児玉さんから『頑張れよ』と言われているようでした。児玉さんもまだまだ『HERO』の一員だと思ってます」と力強く語っていた。

会見の最後に木村は、本作にとっては“聖地”であり、撮影でも使用された法務省での会見の開催について、「検察官や弁護士になる方が通過する場所でこの発表ができて光栄です。実際に『HERO』を見て、検察官になろうと思ったという方が、ここから巣立っているいう話を伺い、やりがいを感じています」と喜びを語る。

改めて、完成した作品についても「今回も出来上がった作品から影響を受けて、いろんなものを受け取ってくださり、みなさんの人生に関われるのかと思うと楽しみでいっぱいです」と充実した表情で語った。

『HERO』は7月18日(土)より公開。

<<ウレぴあ総研・映画『HERO』特集 実施中!>>
木村拓哉インタビュー、全国“オフ会”募集&レポート、「HERO」名言集、「木村拓哉」徹底分析など、多角的に『HERO』を大特集します!