なでしこジャパンがワールドカップ2連覇をかけて臨んだ決勝は、アメリカの決定力が爆発。2−5というスコアでアメリカが世界を獲った。

 5万人を超える観客が集まったスタジアムはほぼアウェー。試合前の集合写真撮影の頃には、スタジアム中が「USA!USA!」とアウェー感に包まれた。なでしこたちは自ら「JPN!JPN!」と連呼。このアウェーな中での決勝を楽しもうとしているように見えた。

 ところが、開始16分で試合の流れは決まってしまった。

「あの勢いに押されないようにしたい」と熊谷紗希(オリンピック・リヨン)が警戒していた通り、立ち上がりから一気にアメリカが押し寄せてくることはわかっていた。それでも、やられてしまった。

 開始早々CKを得たアメリカ。要注意人物であるロイドがスッとポジションを下げる。「何かしようとしていることはわかっていた」とは有吉佐織(日テレ・ベレーザ)。高さで勝負すると思われた次の瞬間、蹴り出されたのはグラウンダーの速いボールだった。そこへ岩清水梓(日テレ・ベレーザ)のマークを振り切ったロイドがピタリと合わせた。その2分後には、FKからこぼれたところを再びロイドに決められ2失点目。さらに14分には、クリアミスを拾われて3失点目。失点のたびに宮間あや(湯郷ベル)が全員を集めて修正を施すも、アメリカの勢いは止まらない。16分にはセンターサークル付近からロイドにロングシュートを決められ、あっという間に4失点。すべてのプランが崩れた。

 何とか立て直すために左サイドハーフの宮間をボランチに、ボランチに入っていた宇津木瑠美(モンペリエHSC)を左サイドバックに、左サイドバックの鮫島彩(INAC神戸)をハーフに上げて状況打開を図った佐々木則夫監督。

 少しずつ日本が動き始めた27分、右サイドからのボールを足元におさめた大儀見優季(ヴォルフスブルク)のゴールでようやく1点を返す。そして再び動いた佐々木監督。なんとロイドに対応できてなかった守備の要である岩清水を下げて、代わりにボランチの阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)をセンターバックに、空いたボランチに澤穂希(INAC神戸)を投入した。

「わかっていたけど、想像以上のスピードでやられた......」(岩清水)。ベンチに下がった岩清水は涙を止められなかった。前回大会決勝ではチームを救う決死のディフェンスで退場。だからこそ、今大会の決勝では最後までピッチでみんなと戦いたかった。今大会を振り返ってもそうした状況は当然のように思われたが、岩清水のワールドカップ決勝は計り知れない後悔とともにわずか33分で終焉を迎えることになった。

 思いがけないタイミングで投入となった澤。突然のことでウォーミングアップも完全ではなかった。それでも、これをなんとか突破口にすると、より一層決意を固めたのが宮間だ。前日、彼女はこう話していた。

「ホマ(澤)が入ってきたら、殺人的なスピードのクロスを上げてなんとしても触らせる」

 チャンスはそうそうやって来なかったが、ここぞというときに澤を生かしてゴールを奪いたい。ニアへのアーリークロスをここまで封印してきたのはそのためだった。そして52分その想いが結実する。角度のないところからのFKではあったが、ボールは澤にピタリと合った。DFと競り合いながらボールはゴールマウスへ。オウンゴールとなったが、澤のタイミングの速い競り出しがなければ生まれなかった得点。その直後、宮間と澤は笑顔でハグを交した。

 ここで踏みとどまっていれば、展開は変わったかもしれない。だが、わずかその2分後に再びアメリカにゴールを許してしまう。これでまた流れが変わってしまった。岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)を投入するも、シュートにまでは至らず。守備に攻撃にと強さを見せたアメリカが完璧な試合運びで優勝を手にした。

 たられば、の話は何もならないが、やはり前半の連続失点の流れを切れなかったことは大きい。1点目は仕方ないとしても、2点目、3点目をケアできなければこの舞台では戦えない。

 カナダの地で一戦ずつステップアップし、確実にチームは成長していた。4年前と比べて個の成長もあった。だが決定的にアメリカと違ったのはチームとしての熟成度だったように感じる。アメリカは、さまざまなリスクを承知で代表活動を第一に優先させてきた。だからこそ、好調な時間はより研ぎ澄まし、低調な時間はより早く断絶する術を体得していた。

 それに比べると、日本はチームが固まったのは決勝トーナメントに入ってから。「さまざなま計算をしながら勝ち進んできた」と指揮官が言うように、爆発的な勢いではなく、大いに悩みながら一歩ずつ積み上げた結果の決勝トーナメント進出だった。

 その反面、想定外の出来事が立て続けに起こった際の対応に時間がかかってしまう。アメリカはそこを確実に突いてきた。マンネリのリスクを吹き飛ばして熟成したチームになったアメリカは、日本を徹底的に研究し、脅威が目覚める前に叩き潰す形をとった。完全に一枚上手だった。

 最後のワールドカップと決めて臨んだ澤はこのカナダでの戦いに「悔いはない」と言い切ったが、終了後のピッチでは感極まる場面も見られた。まだ伸びるのではないか――ロンドン五輪に続き、アメリカにまたひとつ大きな置き土産をされた。決して簡単ではない世界連覇。けれど、個としてもチームとしても、まだまだ伸びしろを感じる、感じなければならない決勝戦となったことに違いない。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko