東アジアカップ公式アプリが7日からサービス開始…情報配信や試合予想など

写真拡大

 東アジアサッカー連盟(EAFF)が7日、EAFF東アジアカップ2015の大会ライツホルダーであるフジテレビとの共同で、公式アプリ『EAFF東アジアカップ2015 大会公式/フジテレビ公式アプリ』のサービスを開始したと発表した。

 同アプリでは、大会のニュースやコラム、試合日程や出場チームの情報などを配信。さらに、フジテレビで放送される試合を観戦しながら、試合の展開を予想する『EAFF BETTING CUP』、アプリ上にて大会や選手たちへのメッセージを募集する『声を枯らす応援メッセージ募集』のコンテンツも用意されている。ダウンロードは(https://app.eaff.com/app.html)より。

 8月1日に開幕するEAFF東アジアカップ2015は、男女ともに、日本、中国、韓国、北朝鮮の4チームによって総当り戦が行なわれる。2013年の前回大会では日本代表(男子)が初優勝を果たしている。