前半最終戦で今季2勝目!常に上位に顔を見せたボミがメルセデスランク1位でターン(撮影:ALBA)

写真拡大

 今年から1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与されるメルセデス・ランキング。年間を通じての総合的な活躍度が問われるこのランキング。前半戦を終えて、賞金ランキング同様イ・ボミ(韓国)がトップを独走している。
前半戦だけで1億円突破!スマイル・キャンディーフォトギャラリー
 2位はテレサ・ルー(台湾)、3位は上田桃子。そして笠りつ子、申ジエ(韓国)と常に上位に顔を出す選手が、メルセデスランクでも強さを見せた。
 また、成績とラウンド数をポイント換算し導き出されるこのランキング。ボミは成績ポイントで今季2勝、2位5回の他を圧倒しているものの、ラウンドポイントはオープンウィークを挟んでいることもあり7番目の数字。代わってラウンド数1位に輝いたのは笠りつ子、藤本麻子、大江香織の3人だった。
 来週17日(金)の「サマンサタバサ レディス」から後半戦が開幕。シーズンを終えたときにこの順位がどう変動しているのか。賞金ランクだけでなくメルセデスランクにも注目していきたい。
【メルセデス・ランキング】
1位:イ・ボミ(334.0pt)
2位:テレサ・ルー(257.5pt)
3位:上田桃子(244.0pt)
4位:笠りつ子(224.0pt)
5位:申ジエ(212.0pt)
6位:菊地絵理香(206.5pt)
7位:飯島茜(203.5pt)
8位:渡邉彩香(180.5pt)
9位:成田美寿々(177.0pt)
10位:李 知姫(166.5pt)
11位:藤田光里(157.5pt)
12位:姜秀衍(142.0pt)
13位:吉田弓美子(141.5pt)
14位:全美貞(141.0pt)
15位:藤本麻子(139.5pt)
16位:三塚優子(135.0pt)
17位:大山志保(129.5pt)
18位:穴井詩(123.0pt)
19位:アン・ソンジュ(121.5pt)
20位:鈴木愛(119.0pt)
28位:大江香織(102.5pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】今季2勝目のイ・ボミ 最後に“ハマッた”ウェッジの距離感
前半戦で初勝利!藤田光里スペシャルフォトギャラリー
正しいお風呂習慣であなたのゴルフライフが変わる?!女子プロのお風呂へのこだわりも