ジョギングやウォーキングなどの軽い運動から本格的な筋トレまで、運動の前後にはBCAAの摂取をおすすめします。ここではアミノ酸系サプリメントとして話題のBCAAの働きや、BCAAが多く含まれる食材などをご紹介しましょう。

筋トレの前後に摂っておきたいBCAAって何?

筋肉を作っているたんぱく質は、20種類ものアミノ酸が結合してできたものです。アミノ酸のなかでもロイシン、イソロイシン、バリンを分岐アミノ酸(BCAA)と呼んでいます。これらは体内で生成できない必須アミノ酸なので、食べ物やサプリメントから摂る必要がありますが、このBCAAは人の筋タンパク質のなかでも35%の割合を占めるため、筋肉を作る役割が大きいのです。

筋肉のエネルギー源となるBCAAの役割は

BCAAと他のアミノ酸との違いは、アミノ酸のなかでもBCAAだけが筋肉で代謝されるということです。筋肉の重要なエネルギー源となるため、運動をすると筋肉の中にあるBCAAはどんどん分解されてしまいます。運動の直前にBCAAを摂れば、そのBCAAがエネルギーとなるため、筋タンパク質の分解を防いで筋肉が傷つくのを防ぐことができます。また、BCAAには筋タンパク質の合成を促す働きもあり、運動の直後に摂取することで筋力や筋肉量を増やす効果があります。

ちょっとした運動でも摂っておきたいBCAA

ジョギングやウォーキングなど軽めの運動でも、その前後にBCAAを摂っておくと、疲れた体をサポートすることができます。

筋肉痛を軽くする

普段あまり運動していない人が運動をすると、軽い運動であっても筋肉痛を引き起こすことがあります。そんな時にBCAAを摂取することで、筋タンパク質の分解を抑えて筋肉痛を軽減することができます。BCAAの摂取によって、疲労物質の乳酸が溜まりにくくなることも分かっています。

運動後の疲労を軽減する

運動後の疲労は、分解された筋タンパク質を修復するためにエネルギーが必要なことが原因です。BCAAを摂取すれば、運動後の疲労感が軽くなり、筋肉の再合成もスムーズに進みます。

BCAAを多く含む食べ物は?サプリメントでの摂取も考えて

BCAAを多く含む食品は、肉や魚、卵、大豆製品といったたんぱく質の多い食材です。これらの食材を運動の前後に食べるのは難しいという場合は、サプリメントでの摂取がおすすめです。また、バナナにもBCAAが多く含まれています。バナナだったら運動の前後でも食べられますし、炭水化物やミネラル、ビタミンなどの栄養も幅広く含まれているので運動前後にオススメの食材です。


writer:岩田かほり