ちょっと小腹が空いたとき、できるだけカロリーの低いものを食べたほうが罪悪感が少なくてすみますよね。そんなときに大活躍してくれるのが「アーモンド」。なかにはアーモンドチョコレートが大好きという方もいるかもしれません。アーモンドは一体どのような働きをするのか? 今回はスーパーフード「アーモンド」の基礎知識をご紹介いたします。

アーモンドの優れた効果とは

アーモンドには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除く働きがあるため、老化現象を防ぎ、お肌のハリ・ツヤをアップさせるのにも役立つといわれます。「スーパーフード」といわれるほど、栄養価も高く、私たちの体に必要な栄養素を多く含んでいるのです。

なかでも「美容のビタミン」ともいわれる、肌や髪、爪の健康を保つうえで必要なビタミンB2やエイジングケア効果があるとされるビタミンEなども豊富。他にも、カリウム・マグネシウム・ミネラルなども含まれており、アーモンドはサプリメントと同じような力を発揮するのです。

アーモンドの効果的な食べ方

アーモンドの力をより発揮させるには“食べ方”を意識すると良いでしょう。まずは味付けされていない素焼きのアーモンドを用意し、密閉性のある容器で保管。アーモンドの茶色い薄皮はとらずに、1日20〜25粒くらいを目安に食べていきましょう。一度に20粒ではなく、3回程度に分けて食べると、胃腸に負担がかからずにすみます。くれぐれも食べ過ぎには気をつけてくださいね。

アーモンドは栄養価が高く、おやつ代わりとして食べるにはまさに最適。特にアーモンドに含まれているビタミンEは別名「子宝ビタミン」と呼ばれるほど妊活中の女性にもオススメです。食事バランスが乱れがちなかたも、アーモンドをおやつにいただけば、サプリメント代わりになりますよ。

何となくアーモンドを食べる機会はあっても、具体的にどんな働きをするのかは意外と知らなかったのでは? アーモンドはわざわざ手を加えなくても、そのままおやつとして食べられるので、パックなどに入れて携帯してくださいね。


writer:山口 恵理香