『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』シーズン2キャスト集合ビジュアル ©女性チャンネル♪LaLa TV

写真拡大

ジェーン・スー原作のオムニバスドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』シーズン2が、9月2日から女性チャンネル♪LaLa TVで放送される。

【もっと画像を見る】

同作は、「未婚のプロ」を自称するジェーン・スーがプロポーズされない101の理由を解説した同名エッセイをもとにした作品。原作に登場する101のエピソードを様々な演出家、脚本家たちがドラマ化した内容で、昨年にシーズン1が放送された。

シーズン2で「未婚のプロ」を演じるのは、貫地谷しほり、小池栄子、酒井若菜、釈由美子、夏菜、菜々緒。さらにさらにプロポーズに悩む心理を男性主人公で描く「男性目線バージョン」には、城田優、中村倫也が出演する。

■貫地谷しほりのコメント
ぐうたらの私なので共感したのは言うまでもありません。結婚出来ない理由の話なもので、怒らせてしまったり呆れられたり、はたまた傷付いてみたりの連続でしたが、撮影現場には幸せな空気しかありませんでした。
俳優柄本佑と現場に居たみんなのお陰で、一つの私の理想が見えたような気がします。
皆さんの目にはどの様に映りますか?

■小池栄子のコメント
心から信頼しているマギーさんの演出には、やはり発見と喜びがありました!更に相手役は天才・濱田岳さん!台本上だとダラシナくてムカつくダメ男が、岳さんが演じると、愛しくて許せる男になるんだから不思議ですよね(笑)
一緒にお芝居が出来て楽しかったなぁ。恋愛なんていうのは端から見たらどんなカップルだって滑稽なものかも。
本人同士が幸せならいいんじゃないか?と思わせてくれ、恋がしたくなる作品になったと思います。
どのカットも笑えて、ダサくて、胸がキュンとしますよ。

■酒井若菜のコメント
こんなにも豪華な布陣の中、何故、唯一の続編が創られたのが我々の回なのか…。
今回は、前回よりも更にスピード感のある会話劇がお届けできるかと思います。
とても楽しいやりとりになっていますよ。第2シリーズは全体的に凄まじくパワーアップしています。
皆様にもたくさんのコラボをご覧いただき、その中からお気に入りの一作を見つけていただければ、と思います。

■釈由美子のコメント
今回の作品は、久々にラブコメっぽい内容なので、台詞のテンポや空気感を意識しながら、テンションを上げて楽しく演じることができました。私も、なかなか結婚できない組なので(笑)、アラフォー独身女性の悲哀を等身大で演じながら、かなりリアルな内容に、胸の奥がひりひりしました。そんな切ない大人の恋を、笑いあり、涙ありでユーモラスに演じましたので、ぜひご覧ください!

■城田優のコメント
前回シリーズを見させて頂いており、そのシリーズ第二弾の作品に出演できるということで嬉しく、また今回、僕1人に対して3人の女性の登場人物がいるという豪華な作品で、大変光栄でした。とにかく、池田さんの素晴らしい本に、自分自身、芝居をしながら何度も笑ってしまいました。まじめに演じたらよいのか、ふざけたらよいのか、非常に難しいところで悩みました(笑)。あとは皆様が本編を観て、チェックしてください!!

■中村倫也のコメント
平たく言えば、このドラマは、「結婚」を「失敗」し続ける女性達の生態を覗き見する作品だ、と認識していた。まさしくタイトル通りの印象である。しかし脚本を読んでみたら、この回はどうやらそうじゃないらしい。主役の一人(かずひと)という男、演じていて非常に腹立たしかった。笑 でも、現代のリアルではこういう若者も多いんだろうなあと、妙に納得してしまう。至極日常的な男女のすれ違いに、思わずクスッと、かつグサッとくる。そんな骨太な脚本、そして魅力的で精力的なキャスト、スタッフに出会えたことに感謝。是非、お楽しみに。

■夏菜のコメント
今回の役はセリフも多くて正直2日間で撮るのはとても大変でした。笑 ですが演じてみて、わたし自身とても共感できる部分が多い作品だったので今を生きる女性のみなさまに少しでも共感してもらえたらいいなと思います。「あー!分かる、それ〜!」と、言いながらポテトチップスでも食べながら見て頂けたら嬉しいです。笑 この作品が皆さんの励みになりますように!!

■菜々緒のコメント
このドラマは、“飼い猫が人間の姿になって会話をする”という設定がとても刺激的で楽しい作品です。荒木宏文さん演じる飼い猫クロが思ったことをズバズバ言うドSタイプなのに対し、彼氏役の白石隼也さんが甘えん坊で人なつっこい犬タイプで、そういった対比が見どころになっています。恋愛についてのドラマですが、今回私が演じた美園のように、最終的に自分のところに戻ってくるのであればいろんなことを許してしまう気持ちは、女性には共感できる部分があるのではないでしょうか。皆さんは、恋をしていますか?皆さんもいろんな恋を楽しんで、そして、このドラマも楽しんでくださいね。