第六条 (天皇の任命行為)

天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

(2) 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

(つづく)