W杯出場は今回が最後と明言する澤だが、そのサッカーへ取り組む真摯な姿勢は多くの選手の「最高の見本」となるはずだ。(C) Getty Images

写真拡大 (全3枚)

 5万3341人が見守るなかで行なわれた4年越しの頂上決戦は、予想もしなかったフィナーレを迎えた。
 
「USA! USA!」
 地鳴りのような大歓声がスタジアムを震わせる。そんななかで喫した立ち上がり3分の失点は、今大会で日本が初めて許した先制点だった。しかも、PKを除き、前回大会からここまで一度も許していなかったセットプレーからの失点を、わずか4分でふたつも喫した。
 
 その動揺は少なからずあったかもしれない。立て直す間もなく、ロイドのロングシュートなどで16分までに4失点。悪夢のような時間は続いた。しかし、4点のビハインドを追ってもなお、選手達は諦めていなかった。
 
「チャンスは作れていたので、もう駄目だとは思っていなかったです」(宮間)
「不思議とこのまま負けるという感じは全然しなくて、取り返せる感じがありました」(川澄)
 
 根拠のない自信ではない。多くの選手は4年前、困難な状況から劇的な優勝を遂げたあの一日を経験している。また、今大会は決勝まですべて1点差で勝ち抜き、その勝負強さを改めて証明してみせた。そしてなにより、一人ひとりに、チームと仲間への絶対的な信頼があった。
 
 4年前の大舞台でドラマの主役となった澤の登場は、再びピッチ上でなにかが起こることを予感させた。6度目にして自身最後のワールドカップであることを明言していた澤は、大儀見のゴールで1点を返した後の33分からピッチに登場。3点ビハインドの状況で、長い黒髪をなびかせながら凛とした表情でピッチに立つ背番号10の背中は、いつになく大きく見えた。
 
 52分には、セットプレーから澤が競り合い、相手のオウンゴールを誘って2点差とする。このゴールが流れを再び日本に引き寄せたかに見えたが、その後に再び失点。逆転は苦しい状況だったが、なでしこは最後まで諦めない姿勢を見せ、その中心にはやはり澤がいた。
 
 79分には、アメリカのレジェンドであり、親友でもあるワンバックがピッチに立つ。ピッチ上でふたりは握手を交わし、マッチアップした。82分には、イエローをもらいながらも決定的な場面でワンバックのドリブルを阻止。最後の一瞬まで泥臭く身体を張り続けた澤は、試合後「本当に悔いなくやりきった気持ちです」とコメントした。
 15歳で初めて代表入りしてから22年。天賦の才に弛まぬ努力を重ね、リーグでコンスタントに活躍しながら海外移籍でのプレーなどを経て、代表でも唯一無二の存在になっていった。
 
 派手なプレーで観客を沸かすのではない。しかし、守備では相手の攻撃の起点となる危険な場所に必ず現われ、ピンチをチャンスに変えていく。攻撃ではシンプルかつ正確なプレーで、なでしこジャパンのサッカーにリズムを与えた。
 
「日頃の練習でできないことは試合でもできない」と話す澤は、常に練習から100パーセントで臨む。今大会の練習中も、ボール回しで鬼になると、鋭い読みからスライディングでボールを奪う場面が何度も見られた。
 
 所属するINAC神戸レオネッサのチームメイトでもある川澄は澤のそんな姿勢についてこう語る。
「常にサッカーを楽しんでいるのが見ていて分かります。人一倍身体を張って、声を出して、相手にやられれば悔しがる」
 
 数えきれないほどのタイトルを獲り、世界一になっても、サッカーへの探究心は尽きることがない。日本女子サッカーの下積み時代を知り、苦労して来た分、サッカーができることへの喜びと感謝も忘れない。その姿勢は多くの選手にとって最高の見本でもある。
 
 所属するINACでは、澤が練習場に入るだけで空気がピリッと引き締まる。