日本発:触れることができる、小さなプラズマ・ホログラム

写真拡大

空中に浮かぶ、星形やハート形の小さな光。筑波大学、東京大学、名古屋工業大学の研究チームが生みだしたこのプラズマ・ホログラムは、指で実際に「感じる」ことができる。ホログラム技術の未来を感じる動画を紹介。

日本の研究チームが、指で実際に「感じる」ことができる小さなプラズマ・ホログラムをつくり出した。

「日本発:触れることができる、小さなプラズマ・ホログラム」の写真・リンク付きの記事はこちら

筑波大学、東京大学、名古屋工業大学の画像化技術専門家たちは、そのインタラクティヴなホログラムを「Fairy Lights」と命名。冒頭の動画を見るとわかるように、Fairy Lightsは、星形やハート形からアルファベットの文字まで、さまざまな形に変化するようにプログラムできる。

グラフィックスとインタラクティヴ技術の国際会議である「SIGGRAPH」で発表されたこの研究では、超高速でパルス光を発するフェムト秒レーザーを使ってホログラムを作成している。フェムト秒とは、「通常の1秒」の千兆分の1のことである。

このレーザーパルスが物質を「励起」させて「ヴォクセル(voxel:pixelとvolume=体積を掛け合わせた言葉)」と呼ばれる点をつくることで、3Dホログラムを描くことができるという。

フェムト秒レーザーはマサチューセッツ工科大学(MIT)が開拓し、マイクロ加工や目のレーザー手術に使われている技術だ。これは極めて高速なため、人が触れても安全なのである。

関連記事1秒「1兆フレーム」で光をとらえるカメラ

おそらく、このホログラムのいちばん興味深い点は、触れることが可能で、肉体的な感覚が得られるところだろう。この一種の触覚インターフェイスによって、スマートウォッチからモバイル機器まで、あらゆるものに利用される未来のホログラム技術への道が開けるかもしれない。

「プラズマのヴォクセルに触れると、プラズマによる衝撃波が生み出される。すると、光が物質的存在であるかのように指先に衝撃が感じられる」と、論文では説明されている。

Fairy Lightsはいまのところ、極めて小さい(約1立方センチの)ホログラム・ディスプレイである。しかし研究チームが主張するようにスケーラブルなのだとすれば、空中に浮かぶこれらの3Dグラフィックスの向こうに、医用画像処理からゲームまで、さまざまなものの未来を垣間見ることができるかもしれない。

TAG

3DHologramsVideoWIRED