これからの季節、デング熱や普通虫さされも気になるところです。もう虫刺された! という方もいらっしゃるかもしれません。家にいる時も網戸に虫が来たら、いい気分はしないですよね。

あの壁ドンの仕草そのまま、ドンする場所は壁ではなくて虫のいる網戸。網戸に止まった虫をそっと「トン」してくれる彼氏のことを「網トン彼氏」と言うそうです。

壁ドンならぬ網トン。こんな一石二鳥な胸キュン仕草がこれまであったでしょうか。ついに壁ドンを超えました。


今日ご紹介するのは、薬剤入り防虫ネット「虫のイヤがる網(URL:http://www.dionet.jp/mushi.html)」を製造・販売するダイオ化成株式会社が実施した調査結果です。独身、彼氏のいない女性必見!?  ですよ。

 

恋人のいない20〜30代の独身女性600名を対象に、ベランダや網戸にいる虫を放っておく、と回答した女性は58.5%でした。そのうち「もし、恋人がいたら」の仮定で、「取りたくない網戸の虫を恋人が取り払ってくれたらうれしい」という回答が9割を超えました。やっぱり嬉しいですよね。

 


 

続いて同じく独身、彼氏なし女性に質問をしました。恋人が網戸についた虫をトンとしてくれる行為(通称:網トン)は、独身女性にとってどのくらい受け入れられる行動なのでしょうか?「今後恋人ができたとき、あなたの代わりに恋人が『網トン』をしてくれたらうれしいですか?」と尋ねたところ、

「かなりうれしい」30.7%、

「まあまあうれしい」30.0%、

「少しはうれしい」25.0%と、独身女性の88.7%が「『網トン』をしてくれたらうれしい」と回答したそうです!


壁ドンよりソフトで、むしろ本当にあり得そうなシチュエーション、というのが女性を胸キュンさせるようなそうでもないような。隣部屋がうるさいからといって壁ドンする男性はお呼びではないそうです。虫を追い払てくれる優しくて強いカレ♡ でも現実にいない!

そんな網トン彼氏がいなくても、ここに解決策がありました。「虫の嫌がる網」を製造・販売するダイオ化成株式会社は、そもそも虫をよせつけない薬剤入りの防虫ネットで、恋人がいなくても虫を取り払う必要はありません。


今夏もデング熱への警戒を各自治体が呼びかけています。自宅の網戸に穴やほつれが無いか確認して蚊の侵入を防ぎましょう。網戸の張り替えが必要な時や虫をよせつけ無い対策として「虫の嫌がる網」を選んでみてはいかがでしょうか。張り替え作業は手間が少しかかりますが、安心して窓を開けられる快適生活が手に入ります!

個人的には網トン彼氏もいいけれど、網戸をさっと張り替えられる器用な「網替え彼氏」が欲しいところです。

簡単にわかる網戸の張替動画はこちらをご覧ください。

 

【参考】

※ 『こんなの、はじめてだ』この夏リアルにしてほしい胸キュン仕草は“網(あみ)トン”! なんと恋人のいない独身女性の9割が「してくれたらうれしい」と回答!