じりじりと照りつける太陽。外出先で大量に汗をかきオフィスや部屋に戻ると急激に体が冷える、という毎日を過ごしていると、なんとなく体がだるくなり夏バテ状態、という人が増えてきます。食事で旬の野菜や果物を摂れば疲労回復になるのですが、食欲が減退してたくさん食べられないという人も少なくないはず。そんな時に役に立つのがやっぱりサプリメント。夏バテ予防に期待できる成分とサプリメントをご紹介します。

夏バテ予防にはビタミンとクエン酸

夏バテ予防に摂るとよいのはビタミンB群、ビタミンC、クエン酸です。それぞれの特徴を確認しておきましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は豚肉、たらこ、うなぎなどに含まれる成分。糖質を分解してエネルギーに変える働きを助けます。不足すると乳酸・ピルビン酸など疲労物質が体内にたまり食欲不振やだるさ、むくみなどが起こります。

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB群の1つ。肉・魚類に多く含まれ、特にたらこの含有量はトップ。ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進します。体のエネルギーを保つには欠かせない成分です。不足すると食欲不振や倦怠感などの症状がおこります。

ビタミンC

ビタミンCはピーマン、レモン、アセロラ、パセリなどから多く摂取できます。体が冷え過ぎるとビタミンCを体が要求するようになります。夏は紫外線が強いので肌のダメージが気になりますが、ビタミンCを摂ればシミの対策にもなります。

クエン酸

クエン酸は疲労回復、血流促進、美肌効果、アンチエイジング、がん予防に効能があると言われる成分。糖質や脂質をエネルギーに換える働きを持ち、疲労物質の乳酸を分解します。

夏バテ防止にサプリメントを飲むなら、ご紹介した成分が配合されたものを選ぶのは当然ですが、特におすすめしたいのがマルチビタミン(総合ビタミン)のサプリです。ビタミンB群、ビタミンCなど12種類のビタミンを一気に摂れるものもありますので、自分に合ったサプリメントを見つけてみてくださいね。


writer:松尾真佐代