マイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を、ギター1本で再現する天才が登場!

写真拡大

動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全に再現!

たった1人で奏でているとは信じ難いその超絶テクニックと、アコースティックギターならではのサウンド。これは音楽ファンのみならずとも必見、必聴です。

ギターを弾いているのはスペインのプロギタリスト「Miguel Rivera」。原曲の通り、エディ・ヴァン・ヘイレンのギター・ソロもコピーしており、細部へのこだわりがうかがえます。

ちなみにオリジナルの動画はこちら。

Reference:michaeljacksonVEVO

こうして比較すると、オリジナルのパワフルなサウンドが、アコースティックギターによって繊細で透明感のあるサウンドに。弦を弾くだけでなく、ボディを叩いて出すリズムも躍動感を生んでいて気持ちいいですよね。

彼の手によればどんな楽曲もギター1本で再現出来ちゃいそう。ぜひとも他の名曲のカバーを聴いてみたいところですが、残念ながら次回作については思案中とのこと。彼のサウンドが気に入ったという人は、YouTubeチャンネルをチェックしてみて!

Reference:michaeljacksonVEVO
Licensed material used with permission by Miguel Rivera