なでしこを狂わせたアメリカ前半3分のセットプレー

写真拡大

[7.5 女子W杯決勝 日本女子2-5アメリカ女子]

 開始3分、日本女子代表(なでしこジャパン)にとっては予想外のプレーだったはずだ。フィジカルに勝るアメリカの高さ、強さを警戒したなでしこの裏をかくグラウンダーのボールがゴール前に入る。一瞬、足が止まってしまったなでしこ。中央を走り込んだMFカーリ・ロイドに豪快にゴールネットを揺らされた。

 浮足立つなでしこにアメリカは容赦なく襲い掛かった。5分に同じくセットプレーからロイドが追加点を奪うと、同14分にはDF岩清水梓のクリアミスからMFローレン・ホリデイにダイレクトで蹴り込まれる。そして同16分、ロイドが超ロングシュートを決めてハットトリックを完成。徐々に地に足を付けた戦いを取り戻したなでしこだが、序盤の4失点は残念ながら敗戦を意味していた。

 試合後、「立ち上がりを気を付けていれば」と悔いた佐々木則夫監督以下、選手からも序盤の戦いぶりに悔しさがにじみ出る。MF澤穂希が「取られてはいけない時間帯に3失点くらいしてしまった。チームにとって痛かった」と話せば、大儀見優季は「そこから追い付けなかったし、本当に力不足を感じた試合だった」と唇を噛んだ。

 今大会、なでしこの強みは試合序盤戦の強さにあった。そして決勝に勝ち上がるまでの6戦すべてで先制点を挙げて勝ち上がってきた。先制された後の対処法に苦慮してしまったなでしこ。立て直す時間を与えなかったアメリカの集中力の勝利と言っても過言ではない。


●女子W杯2015特集