アメリカとの実力差を痛感…宇津木、全力尽くし「清々しく負けた」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝が5日に行われ、なでしこジャパンはアメリカ代表と対戦し、2−5で敗戦。2大会連続のワールドカップ制覇を逃した。

 試合後、フル出場したなでしこMF宇津木瑠美は、「後悔するようなゲームじゃない。5点中4点がセットプレー。それさえケアしておければ、こうはならなかったかも。結果論ですが」と試合を振り返ると、「セットプレーとロングボール。私たちができないこと、苦手なことが明るみになった」と、課題を挙げた。

 また、「アメリカの攻撃はシンプルで、ミスになってもCKは取れるというか。もしかしたら、熊谷、岩清水のところでヘディングでクリアさせてCKを取る、というところまで、相手の狙いだったのかもしれません」と、アメリカの戦術を分析している。

 前半の内に4失点を喫したなでしこだったが、宇津木は、「失点は流れの中で崩されてというわけじゃなかったので、ハーフタイムもポジティブに話し合いができていた。いい形で攻めることもできたし、後半3点取るという気持ちでいた」と明言。しかし、「5点目もセットプレー。アメリカのほうが、セットプレーにかける気持ちが上手だったのかもしれない」と、勢いに水をさされた5点目の失点を悔やんだ。

 さらに宇津木は、「最後はなんとか1点でも返してやろうと思った。余力を残して負けるのは嫌だし、相手にも申し訳ない」と、最後まで全力を尽くしたとコメント。「これが実力。アメリカはやっぱり強かった。まだまだ差はある」と、アメリカとの実力差を痛感したと明かすと、「清々しく負けたという感じです」と語った。