南米が原産の“ピタヤ”とはドラゴンフルーツのこと。龍のウロコのような形が特徴です。美白やシミ予防などの美肌効果はもちろん多くの健康効果があり、ハワイではアサイーボウルに続いてピタヤボウルが健康フードとして注目されています。

お肌に嬉しい“ピタヤ”の美容効果は?

ピタヤにはビタミン類やカロチン、ミネラルといった栄養素がいっぱい。ピタヤではこれらの栄養素を摂取できるうえ、ピタヤの赤い色の成分にもなっているベタシアニンという成分も摂取できます。ベタシアニンとはポリフェノールの一種で抗酸化力が強く、お肌のシミやシワを予防し美肌を保つ効果が期待できるのです。ただしベタシアニンが含まれるのは、赤い果肉のピタヤのみ。アンチエイジング効果を狙うなら、赤いピタヤを食べましょう。またピタヤに含まれる食物繊維はバナナの65倍。定期的にピタヤを食べれば、便秘予防にも効果的です。

貧血気味の人や妊娠中の女性も食べたい“ピタヤ”

ピタヤに含まれる栄養素で注目したいのは、鉄分と葉酸です。特にピタヤ1個に含まれる葉酸は1日の必要量の2分の1ほど。鉄分も葉酸も造血作用があるので、貧血気味の人にはピッタリ。また、葉酸は妊娠中の女性が特に摂取したい栄養素としても知られていますよね。

“ピタヤ”の健康効果にも注目

ピタヤにはビタミンだけでなく、カリウムなどのミネラルも含まれています。カリウムには塩分の排出を促進して血圧の上昇を抑える働きがあるので、高血圧の予防には積極的に摂りたい栄養素です。腎臓に溜まった老廃物の排出を促す働きもあるので、体のデトックスにはピッタリです。

美味しい“ピタヤ”の選び方と食べ方

最近ではピタヤボウルを食べられるお店もありますが、自分でピタヤを買う時は、大きめでずっしりしたものを選びましょう。日持ちはしないので、買ったら早めに食べるのがポイントです。タテに4分の1にカットして皮をむき、食べやすい大きさに切り分けるだけなのでとっても簡単。そのまま食べてもいいですが、ヨーグルトと一緒に食べたりスムージーにしても美味しくいただけます。


writer:岩田かほり