カシオがついに「スマートウォッチ」へ参入

写真拡大

カシオがついにスマートウォッチ市場に参入する。しかし、あくまで腕時計としての機能を重視して、アップルなど競合他社の製品との差別化を図るという。

「カシオがついに「スマートウォッチ」へ参入」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本のデジタル腕時計の古参メーカー、カシオが、同社初の公式スマートウォッチの発売を発表。未来に向かって大きく飛躍しようとしている。

カシオがこれまでに発表してきた製品こそ、元祖スマートウォッチだったと異議を唱える人もいるだろう。しかし、最初のデジタル腕時計をリリースしてから40年以上が経ち、カシオは「接続」すべき時が来たと決断したようだ。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』紙によると、カシオは、快適さと丈夫さを求めるマス・マーケットの需要にアピールすることで、アップルなど大手テック企業の製品を上回りたいと考えているようだ。

カシオが市場に投入する予定のデヴァイスは、何よりもまず「時計」である、と同紙は報じている。スマートウォッチとしての機能は、時計としての機能の脇役になるようだ。これについては、カシオは自社の歴史から教訓を学んでいるのだろう。カシオはこれまで、スケジュール管理や心拍数モニターの組み込みにチャレンジしてきたが、人気には至っていない。

WSJ紙の記事によると、「過去には、奇抜なアイデアで注目を集め、売れなくなると撤退するという時期もありました」とカシオの新社長、樫尾和宏は語っている。「当社のスマートウォッチでは、時計としての完璧さを追求したいと思っています。壊れにくく、簡単に装着できて、付け心地が快適なデヴァイスです」

カシオはスマートウォッチの開発に4年の歳月をかけて取り組んできた。その過程では、かなり大型の「電話と腕時計のハイブリッド」などを含むプロトタイプをいくつも却下してきたようだ。

「カシオのスマートウォッチがすぐに成功するとは思っていません。時間をかけて成長させていきたいと考えています」と樫尾社長は語る。

関連記事iPhoneキラー、Apple Watchの開発ストーリー

カシオのデジタル腕時計は以前から定評がある。レトロ感を重視した同社デザインは数年前から人気が復活してきており、こうしたデザインはクラシックでタイムレスであると認識されている。また、カシオは女性用のクールなデジタル腕時計をつくる能力があることも示してきたが、それは他社が不得手とする分野だ。

スマートウォッチの時代に、カシオがこうした成功を再現できるかどうかは現時点ではまだ不明だし、その市場浸透率は高いとは言えない。しかし、チャンスは十分にあるといえるだろう。

TAG

CasioSmartwatchWatchWearable DeviceWIRED UK