香川真司がなでしこに労いのメッセージ「いつも勇気をありがとう」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝が5日に行われ、なでしこジャパンはアメリカ代表と対戦。序盤の大量失点が響いたなでしこは2−5で敗れ、大会連覇を逃した。

 試合終了後、ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が、準優勝となったなでしこに労いのメッセージを送っている。

 香川は自身の公式ツイッターで、「いつも勇気をありがとう。同じ日本人としてとても誇りに思います。なでしこジャパンの皆さん、本当にお疲れ様でした」とツイートし、なでしこを労った。

 その後、英語でも「なでしこジャパンをとても誇りに思います。なでしこのひたむきな努力によって、日本中のみんなが再び勇気づけられました。ありがとう」とツイートしている。